スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


クリスマス

 この季節になると、パリの街はたくさんのイルミネーションに照らされ、お祭り気分も最高潮に達しています。
今年は、寒さも格別のようで、きっとキラキラの照明が一段と光り輝いているのでしょう。



クリスチャンだけでなく、わたしたちにとっても楽しいクリスマスがあと数日で訪れます。
クリスマスカードも書き上げなくちゃ、プレゼントも選ばなくちゃと、何かと忙しい時期ですが、皆さんはどんな日々をお過ごしでしょうか?

先週は、RMN時代の忘年会があったり、キルト作家の松浦香苗さんのお宅で、ちょっと早いクリスマスパーティがあったり、それから、お友達の思良ちゃんが引っ越しの新居に古くからの友人を招いたりの会があったりと、何かと外出する機会が多かったです。





松浦香苗さんのお宅でクリスマス



その一方で、まだ、ひとつ入稿が終わっていないので、このままでは年は越せない!という気持ちもあったりでちょっとハラハラしています。

そういえば、RMNの谷川さんに、日比谷帝国ホテル内の第一園芸でお花を買ってプレゼントしたところ、たった一輪のお花でも、ラッピングでとてもすてきに包装してくれましたよ。
お花は、サーモンピンクとブラウンのグラデーションが美しいチェリー・ブラウンというバラ。
お花のプレゼントはいつでもうれしいものです。
クリスマスプレゼントに悩んだときは、お花!おすすめです。






RYUZO NAKATA SALON

JUGEMテーマ:PARIS

昨日から明後日まで、パリ在住のファッションデザイナー、リューゾーさんの新作コレクションの発表会がホテル・リッツ・カールトン東京のスイートルームで開催されています。



49階は東京タワーを見下ろす高さ。
摩天楼に輝く東京の夜景がすばらしく、そこで、ストロベリーを浮かべたシャンパンをいただきながら、
お洒落なコレクションを拝見します。

わたしは夏にすでにベージュ&白のコートを購入してしまったので、今回はソルド品のほうに興味があったのですが、
写真のグレーのジャケットとそのジャケットの上に重ね着するショートスリーブのコートに心惹かれました。



プライベートとはいえ、電話で連絡すればどなたでも入れます。
この機会に、是非、リューゾーさんのコレクションを見たい!という方は、是非、電話してみてください。

場所 ホテル ザ・リッツカールトン東京
    〒107−6245
    東京都港区赤坂9−7−1 東京ミッドタウン
    期間中会場直通電話 03−3423−8705
    
11/20、21 11時〜深夜まで開催中



calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM