スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


KEIKO Deuxième の修学旅行日記(3)7月12日〜旅のマリー・アントワネットの衣・食・住<2013年修学旅行>6泊8日



オテル・デタイユの朝食(中央の席にはトランペット(猫)が座っています)
 

朝、6時過ぎに起床。6時半にシャワー。水圧は申し分ない。8時から朝食。マダムが朝買いに行ってくれたパンと紅茶でお腹を満たす。マダムはとてもセンスが良い。ものすごくおしゃれ。エルメスにお勤めしていたと聞き納得。おしゃべりタイムを早々に失礼し歯磨き。その後散歩に出かける。



オテル・デタイユのシンボリックツリー


サンリスの午前中とは違い今日はとても暖かい。モルターニュ・オウ・ペルシュの街はとても小さくて可愛い。人々もとても親切。11時半にホテルを出発する予定だったが、移動用のバスが一時間半遅れで到着。とても大きなバスで広々使えてとても快適。



モルターニュ・オウ・ペルシュの風景


カメラマンの赤平さん


13:15、水車が回るムーラン・ド・ヴィュライのテラスでランチ。前菜、メイン、デザートのすべてがとても美味しい。アラン・デュカスグループだけあって、今のところ 最も美味しい食事だった。時間が押しているため大急ぎで平らげ、アランソンのレース美術館へ向かう。途中道に迷いつつ16時前に到着。

ここで笹島美穂子さんと合流。美穂子さんの通訳でアランソンレースのテクニックや歴史の解説を受ける。アランソンレースはフランスのレースの最高峰。繊細なテクニックと根気のいる手仕事だ。午前中の3時間20分しか作業しないことになっている。それでも細かい作業で目を痛めるため長期間はできないそう。

芸術とは妥協を許さないが故に生み出されるのだということが、強く心に刻まれた。ガイドの女の子がめちゃめちゃ可愛いかった。美術館観賞後赤平さんと別れ、マダム・ジジの待つレ・ゾーベールまで約2時間、車内はみんな静かに寝ている。運転手さんが方向音痴 なのかまた迷う。

18時到着予定が19:30に到着。マダム・ジジの麗しさに釘付けになる。以前中村江里子がステイしたお部屋に滞在することに。大層ラブリーで窓から見える景色(お庭)が清々しい。みなさんのお部屋もとにかく可愛くて大興奮!



志津江さんのお部屋


わたしのお部屋


KEIKOプルミエ&聖子さんのお部屋


ディナールームでジジの手作り料理をいただく。この時の自己紹介でKEIKOが2名いる事が判明。区別するために以後、敬子さんはKEIKOプルミエ、わたしはKEIKOドゥーと呼ばれることに。

その後サロン・ド・ムジークに移動して談話&弾ける人はピアノを披露。ピアノは19世紀に製作されたもの。志津江さん、由美子さん、ジジ、美穂子さんが弾いてくれた。みなさん、とてもお上手。その後、ジジとパトリックとの馴れ初めを聞く。

大恋愛♥ステキ✨深夜解散して就寝。



こちらのお部屋でウェルカムドリンクをいただきました


こちらのお部屋でディナーをいただきました


サロン・ド・ムジクにて


KEIKO Deuxièmeの修学旅行日記(4)7月13日へ続く


KEIKO Deuxième

本名、南出圭以子。大阪生まれで神奈川育ちの一人っ子。今回の修学旅行で3姉妹のような交友関係が生まれた。 小学生のときに初めて買ってもらったマンガ、「ベルばら」にはまり、以来、マリー・アントワネット関連の資料を深く読み調べ、 彼女の親類縁者の肖像画を一目見ただけで「誰それの誰」と当てられるまでになる。 現在はIT企業に勤務しながら、フランスの歴史・文学に傾倒する「プティ・セナクル」きっての優等生。







KEIKO Deuxième の修学旅行日記(2)7月11日〜旅のマリー・アントワネットの衣・食・住<2013年修学旅行>6泊8日

JUGEMテーマ:フランス


サンリスの石畳

6時半起床。シャワールームに臭いがこもって臭い。30分ほど風を通してからシャワーを浴びる。午前中、ものすごく寒い。寒い中、サンリスの街を散歩&教会見学。すばらしい建築の教会だった。


教会の中


百合の紋章

10世紀まで王家の墓所だったため、百合の紋章が至る所に見られた。石畳はでこぼこで歩きにくいことこの上なく、常に足元に気を取られ、街並み見物はその、ついでと言う有様。
季里先生は歩き慣れていてとても早く歩いていた。

サンリスを出発。次の目的地、メリュのナクル美術館をめざす。
移動中の車内てサンドイッチランチ。デザートは季里先生がParisから持参してくれたルノートルのマカロンと小さな洋梨。マカロンもさることながら、このちびっこ洋梨の美味しいこと。しっかり甘いのに清涼感がある。丸かじりのスタイルでのサービスにピクニック気分が盛り上がる。


ちびっこ洋梨

ナクル美術館では貝や黒檀を使った美しい工芸品を鑑賞。ガイドのセリーヌさんがキュートで目が釘付けになった。黒檀と雄牛の骨を使ったドミノや貝の内側の輝きを利用したボタンの製作過程の説明を受ける。大変興味深い。ここではセリーヌさんが付けていた貝製のピアスを購入。


ナクル美術館の展示品


購入した貝のピアス(自宅で撮影したものです)

メリュを後にし、ヴェルサイユへ。
午前中の寒さと石畳に体力を奪われ、ヴェルサイユへの移動で寝ればよかったのだが、お隣の由美子さんとも話したいしで眠れず、とうとうダウン。

今回、一番行きたかったプティ・トリアノン見学を断念し、車内で横になっていた。気温も上がり体が温まって来たのか、動けるまで回復。アモーの見学から途中参加し、プティ・トリアノンの建物も駆け足ではあるが見ることが出来た。


王妃の村里

アモーは広〜い芝の庭に転々と農家風の小屋を配したとても可愛らしいアミューズメント。作り込まれた田園風景がディズニーランドを彷彿させる。是非、ディズニーランドに王妃の村里を作ってもらいたい。

見学終了後、ヴェルサイユの駅でカメラマンの赤平淳一さんと合流。とても気さくなナイスなおじさま。今日の宿、オテル・デタイユに向かう車内ではずっと目をつぶっていたが寝付けなかった。


オテル・デタイユのお玄関

しかし、到着後ディナーまでの間は爆睡した。オテル・デタイユは1750年に建てられた。元々は税務署だった建物。とても美しい猫がいる。猫の名前はトランペット。人懐こい。部屋の扉をすかしていると入ってくる。そして勝手に出て行く。可愛い。


オテル・デタイユのお部屋

お部屋はワインレッド×ブラック&ホワイトでまとめられとてもシック。窓は明かり取りしかないので少し暗いが広い。お風呂は二人で一つ使う。バスルームもとても広く、天井の梁が面白い。ドライヤーはない。


オテル・デタイユのディナー

食事は昨日より美味しかった。茹でた豚肉をクリームソースであえたお料理はお肉がかたかった。今夜はご主人が外出のため隣のおじさんが腕を振るってくれた。こういうアットホームな感じが大好き。ティータイムは早めに失礼して歯磨き。洗顔後就寝。




KEIKO Deuxième の修学旅行日記(2)7月12日へ続く


KEIKO Deuxième

本名、南出圭以子。大阪生まれで神奈川育ちの一人っ子。今回の修学旅行で3姉妹のような交友関係が生まれた。 小学生のときに初めて買ってもらったマンガ、「ベルばら」にはまり、以来、マリー・アントワネット関連の資料を深く読み調べ、 彼女の親類縁者の肖像画を一目見ただけで「誰それの誰」と当てられるまでになる。 現在はIT企業に勤務しながら、フランスの歴史・文学に傾倒する「プティ・セナクル」きっての優等生。





KEIKO Deuxième の修学旅行日記(1)7月10日〜旅のマリー・アントワネットの衣・食・住<2013年修学旅行>6泊8日

JUGEMテーマ:フランス


成田空港の搭乗ゲートで参加者のお仲間と合流。
敬子さん、聖子さん、志津江さん、由美子さん、わたしの5名。一路Parisへ!

わたしはプレミアムエコノミーにアップグレード。大変に快適。帰りもアップグレードしたい。着圧ストッキングのおかげで足はむくみ知らず。

ベジタリアンミールはまずかったが、仕方が無い。旅の間は普段食べつけない肉や乳製品を摂ることになるだろうから機内食は胃をいたわる意味でも負担のないものにしておいた。


飛行機の中


ポルト・ベロンのお部屋

定刻より10分早く到着。何事もなく。
空港で先生の姿を見つけた時は飛び上がるほど嬉しかった。 とても可愛いお部屋。バスルームを寝る時締め切っていたら、朝異常に臭い。窓を開けていないと息ができない。

サンリスはCDG空港から車で30分位。とても古くて小さい街。古いと言うのは15世紀からの建物がまだ普通に使われていると言う意味で、さびれてていると言うのとは違う。

可愛くてセンスの良いお店がポツポツある。 いつまでも日が暮れなくて感覚が狂う。


サンリスの可愛いお店

Keiko Deux の修学旅行日記(2)7月11日へ続く


KEIKO Deuxième

本名、南出圭以子。大阪生まれで神奈川育ちの一人っ子。今回の修学旅行で3姉妹のような交友関係が生まれた。 小学生のときに初めて買ってもらったマンガ、「ベルばら」にはまり、以来、マリー・アントワネット関連の資料を深く読み調べ、 彼女の親類縁者の肖像画を一目見ただけで「誰それの誰」と当てられるまでになる。 現在はIT企業に勤務しながら、フランスの歴史・文学に傾倒する「プティ・セナクル」きっての優等生。






修学旅行を終えて

修学旅行を終えて、無事、帰国しました。

今年は、いつもよりは移動時間が短く
パリ・ノルマンディー・ロワールを廻る旅だったので
ジジのシャトーでのんびりしたり、パリの我が家でランチを楽しんでいただく時間もありました。
フランスを縦断するだけでなく、こうしたパリ流の時間の流れを満喫する旅も悪くないなとおもいました。

また、今回は、途中途中で取材もしたので、カメラマンの赤平さんがジョイントしたり、と。
いつも以上にフランスに暮らす方々との交流に満ちた旅となりました。

  
  



ノルマンディーのシャンブル・ドート「シャトー・デタイユ」はルイ15世の時代に税務所として使われてた豪奢な建物。そこを織物問屋のオーナーで、南仏の有名刺繍家エディス・メザールの広報を担当していたお洒落なマダムのセンスで飾りつけた素敵な場所。
おおらかで、笑顔がすてきなマダム。

そして、シャトー・レ・ゾーベールの公爵夫人、ジジ。

シューズデザイナーで、ナポリ貴族のモードさん。

3人、三者三様のフレンチ・マダムとの交流も皆さんの心に残ったこと。

そして、シャトー・レ・ゾーベールの格言
「jamais peur,jamais soif」
恐れずな、渇望するな=やりたいと思った事は実行せよ!

は、今後の皆さんの方向性を大きく示唆する言葉となったようです。

人生にはいくつもの章があり、その時々に臨機応変にしなやかに対応していかなくてはならない。1年半前に最愛の夫であるパトリックを亡くしたジジが今、再び一人の画家として
果敢に道を進んで行くように、わたしたちも様々な出来事を乗り越えて
よりよい人生を歩んで行きたい。
それに共感する仲間が、今回の修学旅行でまた増えたことがとても大きな成果です。

8月のプティ・セナクルは3日限定のカフェに挑戦します。
8/16〜18の3日間。
暑いさなかではありますが、また、みなさんとお目にかかれますのを楽しみにしています。





ひと夏のCAFÉ 「カフェ・ド・セナクル」のご案内


紫陽花色の梅雨も終わり、太陽の季節が訪れました。
皆様、いかがお過ごしですか?暑中お見舞い申し上げます。

本日は、この夏、私どもが初めて試みる、
3日間限定のカフェのお知らせをいたします。
イメージは、
かつてアイルランド・ダブリンで偶然出合ったアンティーク・カフェ。

食卓に並ぶ素敵な食器やカトラリーやアンティーク家具が店内の雰囲気を盛り上げ、
それらすべてが購入できることに驚かされました。
また、美味しい家庭料理も印象に残っています。

無料レッスンやライブを開催し、
お好みの食器を購入いただくなど、
皆さんに愉しく集っていただくための趣向を凝らす予定です。

ご友人やご家族と御一緒に、
また、もちろんお一人でもお越しいただけます。

美味しい料理やお菓子を用意して、
皆さんのお越しを御待ち申し上げます。



カフェ・ド・セナクル店主    石澤 季里



■日時:
2013年8月16日(金)〜8月18日(日)
12:00〜20:00

■場所:
世田谷区宮坂2−19−1 小田急線経堂駅から徒歩2分
「プティ・セナクル経堂校内 」
http://www.antiqueeducation.com/access.html



■主催:
プティ・セナクル 

■協力:
CocoRococoマカイバリジャパン、睫擇劼躬辧中川カンゴロー、ノブコ・サイトウ




■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」
http://www.antiqueeducation.com/



パリ最終日

JUGEMテーマ:PARIS


最終日の朝はマルシェで買い物。

今日の御昼ご飯の食材を仕入れます。

サバのリエットにウサギのパテ。

マ−シュやシャンピニョン、オリーブにジャガイモ、ジロ−ル茸と

どれもこれも新鮮で美味しいです。

メインはバジリコソ−セ−ジにしました。

最後の講習会はバンド−ム広場のブレゲ美術館で、

7代目、エマニエル・ブレゲさんから説明を受けました。

18世紀末、投獄されたアントワネットに贈るためにオ−ダ−された時計の納品書、

また、ジョセフィ−ヌやマリ・ルイ−ズの時計に感激!

最後まで実り大き、知識と教養溢れる旅となりました。

 





パリ到着

JUGEMテーマ:PARIS


ジジに別れを告げ、パリへ。

到着後、タッセルの専門店、ユレスにて講習会。

買い物も出来て、皆さん大満足。

その後、レース専門店にお連れして、

最後の晩餐に滑り込み。

ホテルのタパスはモダンで美味しい!

仲間意識も更に強まり、愉しい夕べとなりました。

 






再びパリへ

JUGEMテーマ:PARIS



レ・ゾ−ベ−ルでジジと過ごした時間は瞬く間にすぎて、

今日はパリへ。

ロワ−ルに浮かぶ船で夕食を楽しみ、

革命祭の花火をみて、

昨日はモンスロ−の蚤の市でショッピングまで堪能。

マダムたちの手作り料理も美味でした!

 

 



ロワールの古城 シャトー レ・ゾーベール

JUGEMテーマ:アンティーク

 

ジジのシャト−での一日目。

朝はデコレーションの講義。

ランチはお城の庭で美味しいチキンのレモンコンフィとオリーブ添え、

それから、イチゴケ−キを満喫しました。

午後からベリー公爵のモンスロ−城を訪問、

ロワ−ルに浮かぶ船で夕食を楽しみました。

本当に綺麗な日の入りです。





 

 




サンリスの朝

JUGEMテーマ:アンティーク


教会の鐘の音で目覚めた日。

今日はノルマンディの田舎からジジのお城へ動きます。

その前にモルタ−ニュ・オウ・ペルシュの街を散策し、

アランソンレース美術館を見学。

今日も盛りだくさんな一日です。

 

 


中世の街、サンリス

JUGEMテーマ:PARIS



昨晩、皆さんを空港でピックアップし、

中世の街、サンリスへ。

石畳が当時の風情を残しています。




calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM