スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


講座「イタリアのプリンセスがフランスにもたらした、メディチ家のお洒落なマナー」(講師:中川真貴)

 


■旅カルチャーコース■




<イタリアのプリンセスがフランスにもたらした、メディチ家のお洒落なマナー>

講師:中川真貴

 


16世紀から17世紀のフランスは、まだまだ粗野なイメージの抜けきらない小国でした。メディチ家からフランスに嫁いだカトリーヌとマリー。この二人のプリンセスがフランス王室にもたらしたマナーによって、国のイメージが高く昇華したことはよく知られています。文化、芸術、政治的背景に王室の裏話も交えながら、フランスがエレガントな文化大国と生まれ変わる様をお話しします。

 

 

この講座は、旅カルチャーコースの旅行、11/19〜11/27パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験「マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」(7泊9日)のプレ・クラスです。旅カルチャーコースはこちら



■日時 11/9(水) 19時〜21時
■会場 経堂教室
■受講料 6,000円 (お茶、お菓子付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


中川真貴(なかがわ まき)
同志社大学卒、米国ミシガン大学、フィラデルフィア芸術学院卒。フィレンツェ、パラッツオ スピネッリ芸術学院にて西洋骨董研究科卒。オーストラリア大使館勤務などを経て、1993年からフィレンツェ在住。美術史や西洋骨董の研究、また通訳、コーディネーターとしてもイタリアだけでなく、各国で幅広く活動している。


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

 


講座「フレンチ・エレガンス 真似してみたい、フランスのラグジュアリーホテルのインテリア術」(講師:福西弘美)

JUGEMテーマ:フランス

 

 


■■福西先生による講座のご紹介→ http://maison-d-art.com/french-elegance-パリのラグジュアリーホテルのインテリア術/

 

 

 



■旅カルチャーコース■




<フレンチ・エレガンス 真似してみたい、フランスのラグジュアリーホテルのインテリア術>

 


講師:福西弘美

ヨーロッパのインテリア事情に詳しい講師が、今年6月にリニューアルオープンしたホテル・リッツ他、パリやフランスのリゾート地のラグジュアリーホテルのインテリアについてお話します。自宅のインテリアが一変する上級コーディネート術を学びましょう。

 

 

この講座は、旅カルチャーコースの旅行、11/19〜11/27パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験「マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」(7泊9日)のプレ・クラスです。旅カルチャーコースはこちら

■日時 11/3(木) 13時〜15時
■会場 経堂教室
■受講料 6,000円 (お茶、お菓子付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


福西弘美(ふくにし ひろみ)
パリのクリスティーズにてフランス美術史を学んだ後、2000年に「メゾンダール」を設立、アンティーク家具、インテリアオブジェの輸入販売を行う。2004年からベルギーに居を移し、LEUVEN市 KL DECORのインターナショナルセールス担当。現在はヨーロッパ、日本の間を往復しながらライフスタイルショップ「ユーロライフスタイル」のショップオーナーとして活動を続ける。 http://www.eurolifestyle.net/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 


講座「フランスの布〜リヨンの絹からトワル・ド・ジュイまで」(講師:福西弘美)

 


■アンティーク鑑定基礎コース■




<フランスの布〜リヨンの絹からトワル・ド・ジュイまで>

講師:福西弘美

 

 

 

【単発で受講可】この講座はアンティーク鑑定基礎コース(前期・後期各12回)の講座です。
アンティーク鑑定基礎コースはこちら

 



■日時 11/2(水) 19時〜21時
■会場 「マジョレル」(下馬)
■受講料 6,500円 (お茶、お菓子付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


福西弘美(ふくにし ひろみ)
パリのクリスティーズにてフランス美術史を学んだ後、2000年に「メゾンダール」を設立、アンティーク家具、インテリアオブジェの輸入販売を行う。2004年からベルギーに居を移し、LEUVEN市 KL DECORのインターナショナルセールス担当。現在はヨーロッパ、日本の間を往復しながらライフスタイルショップ「ユーロライフスタイル」のショップオーナーとして活動を続ける。 http://www.eurolifestyle.net/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/



---------------------------------

アンティーク鑑定基礎コース (2016年度)
< アンティーク家具と装飾美術の歴史 >



 後期 (第13回〜第24回)
<期間:2016年9月〜 2017年3月>

 

13.ジョージアン後期〜ヴィクトリアン前期、カントリーハウス〜タウンハウスへ、上流階級の暮らしの変化  

講師:木本玲子 9/28(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

14.フランスの椅子 .蹈灰鎧代の椅子に学ぶ理想のアンティーク・チェアとの出会い方  

講師:上柳博美 10/15(土)
*時間:15時〜17時
*会場:「I.S.U.house上柳 工房内」(平和台)
東京都練馬区北町6-31-20 http://www.isuhouse.com/

 

15.19世紀〜アール・デコ時代のフランス・リモージュ窯  

講師:河合恵美 10/26(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

16.フランスの布〜リヨンの絹からトワル・ド・ジュイまで  

講師:福西弘美 11/2(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「マジョレル」(下馬)
東京都世田谷区下馬2-6-14 http://www.majorelle-jp.com/

 

17.ヴィクトリアン後期〜エドワーディアン ウイリアム・モリスのアーツ・アンド・クラフトから20世紀前期のインテリア  

講師:木本玲子、監修:蜷川浩史 11/30(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

18.紀元前からアール・デコ様式まで アンティーク・ジュエリーの変遷  

講師:有川一三 12/7(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「アルビオンアート」
赤坂・アーク森ビル イーストウイング13階  http://www.albionart.com

 

19.19世紀、アンピール〜20世紀、アール・デコ時代のフランス家具  

講師:石澤季里 12/21(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

20.ロイヤル・コペンハーゲンとデンマークの磁器 その魅力と年代測定の方法  

講師:佐藤秀和 1/11/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

21.素材で学ぶアール・ヌーヴォー ガラスから鉄細工まで  

講師:児島洋介 1/25/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「ラトゥリエ」(表参道)
東京都港区南青山5-17-6 http://www.atelier-aw.com/

 

22.紳士のステータス・シンボル アンティーク懐中時計と腕時計の歴史、その選び方  

講師:中島正晴 2/8/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「マサズパスタイム」(吉祥寺)
武蔵野市吉祥寺本町2-35-11 http://www.antique-pastime.com/

 

23.コスチューム・ジュエリー  

講師:田中元子 2/25/2017(土)
*時間:15時〜17時
*会場:「アクセサリーミュージアム」(目黒区・祐天寺)
東京都目黒区上目黒4-33-12 http://acce-museum.main.jp/

 

24.英国ヴィンテージ・スタイルのインテリア雑貨  

講師:木本玲子 3/8/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

 

■講座名 「アンティーク鑑定基礎コース (2016年度)〜アンティーク家具と装飾美術の歴史」

■日時 (水)19時〜21時 、(土)15時〜17時

■定員 12名

■会場 ジェオグライフィカ 3F ライブラリー  *他の会場で開催する回があります。上記をご確認ください。

■受講料 前期:60,000円(第1回〜第12回)

           後期:61,000円(第13回〜第24回) *前期・後期とも、2回に分けての分割払い可能

           単発の受講料:11/2のみ 6,500円、その他各回 5,800円



■どなたでも受講いただけます。

 

 

 

■ 注意事項 ■

2016.07.13更新

  • 8/21または8/24説明会にご参加の方は、コース【後期】受講料から500円引きです。
    【60,500円】(=後期:61,000円-割引500円)
  • 初回単発として受講後でも、空席がある場合にはコース受講への変更が可能です。その場合はコース受講料の差額分をお支払ください。
    【55,200円】(=後期:61,000円-初回単発:5,800円)
  • 病気、出張など、講師のやむを得ない事情で日程が変更になる事があります。
  • 講座開始までに、人数に達しない場合、講座がキャンセルになります。その場合、受講料は返金いたします。
  • 欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。DVD代として1クラスにつき1000円頂戴いたします。振替・返金はいたしかねますのでご了承ください。

 



■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

 


アンティーク鑑定基礎コースはこちら

■詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html

 


講座「19世紀〜アール・デコ時代のフランス・リモージュ窯」(講師:河合恵美)

JUGEMテーマ:アンティーク


■アンティーク鑑定基礎コース■



<19世紀〜アール・デコ時代のフランス・リモージュ窯>

講師:河合恵美

 

 


【単発で受講可】この講座はアンティーク鑑定基礎コース(前期・後期各12回)の講座です。
アンティーク鑑定基礎コースはこちら

■日時 10/26(水) 19時〜21時
■会場 ジェオグラフィカ
■受講料 5,800円

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


河合恵美(かわい えみ)
上智大学文学部フランス文学科卒業。美術館、文化会館勤務を経て、オークションハウスのマスターコースを修了、フランス国立骨董組合認定免状取得。20年に渡るフランス滞在より帰国後は、アンティークショップCocoRococoを運営、またカルチャースクール、アンスティチュ・フランセ東京等でのアンティーク鑑定講座の講師を務める。西洋アンティーク鑑定検定試験協会代表理事。http://antique-cocorococo.com/ http://antique-kentei.or.jp/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/



---------------------------------

アンティーク鑑定基礎コース (2016年度)
< アンティーク家具と装飾美術の歴史 >



 後期 (第13回〜第24回)
<期間:2016年9月〜 2017年3月>

 

13.ジョージアン後期〜ヴィクトリアン前期、カントリーハウス〜タウンハウスへ、上流階級の暮らしの変化  

講師:木本玲子 9/28(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

14.フランスの椅子 .蹈灰鎧代の椅子に学ぶ理想のアンティーク・チェアとの出会い方  

講師:上柳博美 10/15(土)
*時間:15時〜17時
*会場:「I.S.U.house上柳 工房内」(平和台)
東京都練馬区北町6-31-20 http://www.isuhouse.com/

 

15.19世紀〜アール・デコ時代のフランス・リモージュ窯  

講師:河合恵美 10/26(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

16.フランスの布〜リヨンの絹からトワル・ド・ジュイまで  

講師:福西弘美 11/2(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「マジョレル」(下馬)
東京都世田谷区下馬2-6-14 http://www.majorelle-jp.com/

 

17.ヴィクトリアン後期〜エドワーディアン ウイリアム・モリスのアーツ・アンド・クラフトから20世紀前期のインテリア  

講師:木本玲子、監修:蜷川浩史 11/30(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

18.紀元前からアール・デコ様式まで アンティーク・ジュエリーの変遷  

講師:有川一三 12/7(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「アルビオンアート」
赤坂・アーク森ビル イーストウイング13階  http://www.albionart.com

 

19.19世紀、アンピール〜20世紀、アール・デコ時代のフランス家具  

講師:石澤季里 12/21(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

20.ロイヤル・コペンハーゲンとデンマークの磁器 その魅力と年代測定の方法  

講師:佐藤秀和 1/11/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

21.素材で学ぶアール・ヌーヴォー ガラスから鉄細工まで  

講師:児島洋介 1/25/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「ラトゥリエ」(表参道)
東京都港区南青山5-17-6 http://www.atelier-aw.com/

 

22.紳士のステータス・シンボル アンティーク懐中時計と腕時計の歴史、その選び方  

講師:中島正晴 2/8/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「マサズパスタイム」(吉祥寺)
武蔵野市吉祥寺本町2-35-11 http://www.antique-pastime.com/

 

23.コスチューム・ジュエリー  

講師:田中元子 2/25/2017(土)
*時間:15時〜17時
*会場:「アクセサリーミュージアム」(目黒区・祐天寺)
東京都目黒区上目黒4-33-12 http://acce-museum.main.jp/

 

24.英国ヴィンテージ・スタイルのインテリア雑貨  

講師:木本玲子 3/8/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

 

■講座名 「アンティーク鑑定基礎コース (2016年度)〜アンティーク家具と装飾美術の歴史」

■日時 (水)19時〜21時 、(土)15時〜17時

■定員 12名

■会場 ジェオグライフィカ 3F ライブラリー  *他の会場で開催する回があります。上記をご確認ください。

■受講料 前期:60,000円(第1回〜第12回)

           後期:61,000円(第13回〜第24回) *前期・後期とも、2回に分けての分割払い可能

           単発の受講料:11/2のみ 6,500円、その他各回 5,800円



■どなたでも受講いただけます。

 

 

 

■ 注意事項 ■

2016.07.13更新

  • 8/21または8/24説明会にご参加の方は、コース【後期】受講料から500円引きです。
    【60,500円】(=後期:61,000円-割引500円)
  • 初回単発として受講後でも、空席がある場合にはコース受講への変更が可能です。その場合はコース受講料の差額分をお支払ください。
    【55,200円】(=後期:61,000円-初回単発:5,800円)
  • 病気、出張など、講師のやむを得ない事情で日程が変更になる事があります。
  • 講座開始までに、人数に達しない場合、講座がキャンセルになります。その場合、受講料は返金いたします。
  • 欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。DVD代として1クラスにつき1000円頂戴いたします。振替・返金はいたしかねますのでご了承ください。

 



■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

 


アンティーク鑑定基礎コースはこちら

■詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html

 


講座「フランスの椅子 .蹈灰鎧代の椅子に学ぶ理想のアンティーク・チェアとの出会い方」(講師:上柳博美)

JUGEMテーマ:アンティーク

 

 

 


■アンティーク鑑定基礎コース■


<フランスの椅子 .蹈灰鎧代の椅子に学ぶ理想のアンティーク・チェアとの出会い方>

講師:上柳博美

 

 


 


【単発で受講可】この講座はアンティーク鑑定基礎コース(前期・後期各12回)の講座です。
アンティーク鑑定基礎コースはこちら

■日時 10/15(土) 15時〜17時
■会場 「I.S.U.house上柳 工房内」(平和台)
■受講料 5,800円

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


上柳博美(かみやなぎ ひろみ)
株式会社I.S.U HOUSE 会長。平成17年度 現代の名工卓越技能賞、平成19年度春 黄綬褒章、受章。職業訓練指導員。1953年この道に入り、1964年に独立。国家検定椅子張り一級技能士の資格を取得。その後、ヨーロッパ7カ国を視察旅行する中で、フランス・ロココ時代の椅子に出会い、その素晴らしさに魅了される。帰国後、フランスから材料を輸入。伝統的な技法での、布張り椅子の製作、修復を開始する。1981年、現天皇陛下の御前で洋家具業界代表者としてクラシックチェアの椅子張り技を披露、その後、雑誌、テレビを通し


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

 



---------------------------------

アンティーク鑑定基礎コース (2016年度)
< アンティーク家具と装飾美術の歴史 >



 後期 (第13回〜第24回)
<期間:2016年9月〜 2017年3月>

 

13.ジョージアン後期〜ヴィクトリアン前期、カントリーハウス〜タウンハウスへ、上流階級の暮らしの変化  

講師:木本玲子 9/28(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

14.フランスの椅子 .蹈灰鎧代の椅子に学ぶ理想のアンティーク・チェアとの出会い方  

講師:上柳博美 10/15(土)
*時間:15時〜17時
*会場:「I.S.U.house上柳 工房内」(平和台)
東京都練馬区北町6-31-20 http://www.isuhouse.com/

 

15.19世紀〜アール・デコ時代のフランス・リモージュ窯  

講師:河合恵美 10/26(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

16.フランスの布〜リヨンの絹からトワル・ド・ジュイまで  

講師:福西弘美 11/2(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「マジョレル」(下馬)
東京都世田谷区下馬2-6-14 http://www.majorelle-jp.com/

 

17.ヴィクトリアン後期〜エドワーディアン ウイリアム・モリスのアーツ・アンド・クラフトから20世紀前期のインテリア  

講師:木本玲子、監修:蜷川浩史 11/30(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

18.紀元前からアール・デコ様式まで アンティーク・ジュエリーの変遷  

講師:有川一三 12/7(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「アルビオンアート」
赤坂・アーク森ビル イーストウイング13階  http://www.albionart.com

 

19.19世紀、アンピール〜20世紀、アール・デコ時代のフランス家具  

講師:石澤季里 12/21(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

20.ロイヤル・コペンハーゲンとデンマークの磁器 その魅力と年代測定の方法  

講師:佐藤秀和 1/11/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

21.素材で学ぶアール・ヌーヴォー ガラスから鉄細工まで  

講師:児島洋介 1/25/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「ラトゥリエ」(表参道)
東京都港区南青山5-17-6 http://www.atelier-aw.com/

 

22.紳士のステータス・シンボル アンティーク懐中時計と腕時計の歴史、その選び方  

講師:中島正晴 2/8/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:「マサズパスタイム」(吉祥寺)
武蔵野市吉祥寺本町2-35-11 http://www.antique-pastime.com/

 

23.コスチューム・ジュエリー  

講師:田中元子 2/25/2017(土)
*時間:15時〜17時
*会場:「アクセサリーミュージアム」(目黒区・祐天寺)
東京都目黒区上目黒4-33-12 http://acce-museum.main.jp/

 

24.英国ヴィンテージ・スタイルのインテリア雑貨  

講師:木本玲子 3/8/2017(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ3F ライブラリー

 

 

■講座名 「アンティーク鑑定基礎コース (2016年度)〜アンティーク家具と装飾美術の歴史」

■日時 (水)19時〜21時 、(土)15時〜17時

■定員 12名

■会場 ジェオグライフィカ 3F ライブラリー  *他の会場で開催する回があります。上記をご確認ください。

■受講料 前期:60,000円(第1回〜第12回)

           後期:61,000円(第13回〜第24回) *前期・後期とも、2回に分けての分割払い可能

           単発の受講料:11/2のみ 6,500円、その他各回 5,800円



■どなたでも受講いただけます。

 

 

 

■ 注意事項 ■

2016.07.13更新

  • 8/21または8/24説明会にご参加の方は、コース【後期】受講料から500円引きです。
    【60,500円】(=後期:61,000円-割引500円)
  • 初回単発として受講後でも、空席がある場合にはコース受講への変更が可能です。その場合はコース受講料の差額分をお支払ください。
    【55,200円】(=後期:61,000円-初回単発:5,800円)
  • 病気、出張など、講師のやむを得ない事情で日程が変更になる事があります。
  • 講座開始までに、人数に達しない場合、講座がキャンセルになります。その場合、受講料は返金いたします。
  • 欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。DVD代として1クラスにつき1000円頂戴いたします。振替・返金はいたしかねますのでご了承ください。

 



■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

 


アンティーク鑑定基礎コースはこちら

■詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


 

 


講座「マリーアントワネットも愛した フレンチ・シノワズリーなテーブルセッティング」(講師:福田典子)

JUGEMテーマ:フランス

 


■旅カルチャーコース■


<マリーアントワネットも愛した フレンチ・シノワズリーなテーブルセッティング>

講師:福田典子

東インド会社がもたらした漆(ジャパン)や陶器(チャイナ)のコレクターである母、マリア・テレジアの影響を受けて、自らもアジアブームにのったマリー・アントワネット。王妃はもちろん、当時の王侯貴族を熱狂させた「シノワズリー」とフランスの食器を素敵にコーディネートさせたテーブルで、講師と一緒にアフタヌーン・ティーを楽しみましょう。

 

 

この講座は、旅カルチャーコースの旅行、11/19〜11/27パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験「マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」(7泊9日)のプレ・クラスです。旅カルチャーコースはこちら



■日時 10/12(水) 19時〜21時
■会場 福田先生ご自宅(下馬)
■受講料 6,500円 (お茶、お菓子付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


福田典子(ふくだ のりこ)
おもてなしの文化的背景や新情報を中心に、美しい暮らし術を学ぶ<ドルチェヴィータ>主宰。食空間プロデューサーとして、新羅ホテル、サムスン迎賓館、フォーシーズンホテル、コンラッドなど国内外の一流ホテルや企業の迎賓館の食空間を始めとして、ウエディングのプロデュースなどおもてなしシーンを手がける。日本の工芸品にも造詣が深く、女性誌に連載中。日本文化を国内外にしらしめるJAPONisme誌も手掛けている。http://homepage2.nifty.com/dolcevitamin/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/
 

 


理想のアンティークの椅子との出会い方講座@I.S.U HOUSE 工房

JUGEMテーマ:インテリアデザイン

 

10/15の土曜 15時から予定されている、I.S.U HOUSEの上柳先生は、日本では、とても珍しい、西洋の伝統的な技法そのままに

クラシックチェアを作る匠職人です。

優秀技能賞など、数々の賞にも選ばれていて、中央技能検定委員も務めていられる方。

また、天皇陛下の前で、椅子の製造過程を披露したこともあるんですって!

先生の著書「椅子を『張る』〜伝統のクラシックチェアを作る」(牧野出版)にはDVDがついていて、その技を披露しています。

2時間のDVDですが、目が離せないくらい美しく感動的な映像でした。

 

 

昨日は、15日の授業の打ち合わせを兼ねて先生のアトリエを訪問しました。

 

アトリエには、たくさんのクラシックチェアのをぬうように、生地や木材、それから象嵌につかう貝や装飾的な木のオブジェが置かれています。フランスで金糸の刺繍家のアトリエを訪れた際に、「アンティークを直すには素材にもアンティークが必要なんですよ。だから、蚤の市で古い金糸を見つけるんです」と教えてもらいましたが、先生もしかり。アンティーク・マーケットで、ざまざまな装飾的な木片を集めて、椅子の欠けているパーツとして、木目を合わせながら修復するんだとか。

「そーかー、やっぱりアンティークにはアンティークのパーツが必要なんだ」ということに感心しました。

 

また、木材の性質を知った上で、その特性を生かして椅子作りに使用するのも重要です。

講座のタイトルを「理想のアンティークチェアを手に入れる」としているのは、

自分にとってどんな風にその椅子を使いたいかによって

フォルムだけでなく、素材、クッションのいれ方、などなどが変わってくることを知ってほしいから。

「手に入れたいアンティーク」を知ることは「自分のライフスタイル」「好み」を知ることとです。つきつめれば自分を知ることにつながるわけです。

 

昨今は、なんでも通販で手に入れられて、椅子もしかり。座らなくったって椅子は手に入れられる。

でも、やっぱり自分に馴染む大きさ、フォルム、使い方を熟考した「理想の椅子」は一生モノ。

アンティークでなくても、そうでなくても、今の自分に一番しっくりあう「モノ」へのこだわり。捨てたくないモノです。

 

I.S.U HOUSEのアトリエで予定されている授業では、そんな椅子を手に入れる方法や、

先生のすばらしい椅子張りの技術を堪能できる絶好の機会になる予定です!

 

www.isuhouse.com

10/15「フランスの椅子 .蹈灰鎧代の椅子に学ぶ理想のアンティーク・チェアとの出会い方」
講師:上柳博美
 

 

 

 

 

 

 

 


プティ・セナクル講座「美食の街、パリの足跡 フランス料理誕生の秘密」

JUGEMテーマ:グルメ

 

22ページの原稿を書き上げ、やっと普通の生活が戻ってきました。

大作は、10/25の主婦の友社「ボンシック」に掲載されるのでごらんください。

 

そんなこと10/2に予定されているグルメレクチャーに向けて、大原先生と音羽シェフとの打ち合わせを白金の「ときのもり シェルエソル」でしてきました。

 

このお店は、奈良の有名なセレクトショップ「くるみの木」の支店で、奈良と栃木の食材にこだわったお店です。

ヘルシーで、そして軽やかで、ちょっと北欧風で。まさに、今、フランス注目されているフランス料理のあり方を

忠実に再現しているかんじ。今の気分にとっても合って、お気に入りのお店です。

 

昨日は、革命が起きた時期のパリのレストラン、いろいろ。俗に言われているレストランの歴史が本当はウソだったという話。それから、アントワーヌ・カレームやヴァテル、トゥール・ダルジャンといった有名料理人やレストランの逸話についてのお話にそった

食材、料理の方法についての打ち合わせでした。

1時間のなかでも、最も楽しくためになるお話がきけるように作戦練ってきました。

どうぞ、皆様お楽しみに。

 

それにしても、すっかり秋の気配ですね。食欲の秋ももう、すぐそこ。

こちらも楽しみです。

 

ときのもり シエル・エ・ソル

http://www.tokinomori-nara.jp/ciel-et-sol/

 

 

 

 


講座「グルメレクチャー 美食の街パリの足跡 フランス料理誕生の秘密」(講師:大原千晴)

 


■旅カルチャーコース プレ・クラス【b】■グルメレクチャー■



グルメレクチャー
<美食の街パリの足跡 フランス料理誕生の秘密>


講師:大原千晴

 

 

 


フランス料理を語るのに欠かせない街パリ。とはいえ、この町が食の都として知られるようになったのはいつの時代からなのでしょうか?そんな美食の街パリの成り立ちと誕生の秘話を食文化ヒストリアンの大原千晴先生が語ります。お話のあとは、宇都宮フレンチの名店「オトワレストラン」の二代目シェフ音羽氏がこの日のために作る独創的な現代フランス料理を満喫していただきます。

 

この講座は、旅カルチャーコースの旅行、11/19〜11/27パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験「マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」(7泊9日)のプレ・クラスです。旅カルチャーコースはこちら

■日時 10/2(日) 11時〜14時 【開場】:10時40分 【開演】:11時〜
■会場 「ときのもり シエル エ ソル」(白金台)
■受講料 13,000円 (フランス料理フルコース代込み)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


大原千晴(おおはら ちはる)
「英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。http://www.ohara999.com/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/


 

 


プティ・セナクル新学期開始 第一回目はジョージアン・スタイルのインテリアから

9/28(水)19時から21時まで、アンティーク鑑定基礎クラス後期第一回目の講座が開始します。

 

近頃、ちょっとした日本ブームで、英国についてもフランスについても語られることは少ないですが、

世界がますますボーダレスに、グローバルになるからこそ、知っておきたい西洋の歴史、そして彼らのアンティークとの付き合い方です。日本もすでに家は西洋と同じくらい、もしかしたらそれ以上に素敵になっている。ならば、その空間を自分の好きなアンティークで飾ることは不可能ではないはずです。インテリア、テーブルウエアから西洋を眺める。そんな粋な講座を毎回開催しています。

 

以下、英国でインテリア史を学んで現在アンティーク雑貨店「アティック」を経営している木本玲子さんのコメントです。

単発でも受講は可能です。

http://www.antiqueeducation.com

 

 

家具の歴史を学ぶことは、
それぞれの時代に生きる人々の暮らしを知り、
世の中の動きを感じることでもあるようです。

例えば、英国のインテリア史、及び家具史において、ネオ・クラシカル様式や英国・風景式庭園の登場と、最もエレガントな時代と称される18世紀。

一方、かのヴィクトリア女王が君臨し、栄華を極めたとされる19世紀は、同時にスタイルの混乱期とする意見が多く聞こえます。

産業革命を背景に、大きく社会が変化したこの二つの時代の評価を分けた理由とは?

ネオ・クラシカル、エクレティック、リバイバル、、って何?
etc...

現代の私達にも身近に感じることが出来て、
実際に当時の品物を手にすることも可能な時代。
ジェーン・オースティンの小説は英国でも度々映画化されて、コスチュームやインテリア描写の美しさで人気がありますね。

アンティーク・ファンには興味が尽きない18世紀〜19世紀にかけてのお話です。

JUGEMテーマ:イギリス


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM