<< KEIKO Deuxième の修学旅行日記(7)7月16日〜旅のマリー・アントワネットの衣・食・住<2013年修学旅行>6泊8日 | main | ひと夏のCAFE「カフェ・ド・セナクル」  >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ひと夏のCAFÉ「カフェ・ド・セナクル」 

JUGEMテーマ:アンティーク


 




ひと夏のCAFÉ 「カフェ・ド・セナクル」のご案内


紫陽花色の梅雨も終わり、太陽の季節が訪れました。
皆様、いかがお過ごしですか?暑中お見舞い申し上げます。

本日は、この夏、私どもが初めての試みる、
3日間限定のカフェのお知らせをいたします。
イメージは、
かつてアイルランド・ダブリンで偶然出合ったアンティーク・カフェ。

食卓に並ぶ素敵な食器やカトラリーやアンティーク家具が店内の雰囲気を盛り上げ、
それらすべてが購入できることに驚かされました。
また、美味しい家庭料理も印象に残っています。

カフェ開催中は、無料レッスンやライブを開催し、
お好みの食器を購入いただくなど、
皆さんに愉しく集っていただくための趣向を凝らす予定です。

ご友人やご家族と御一緒に、
また、もちろんお一人でもお越しいただけます。

美味しい料理やお菓子を用意して、
皆さんのお越しを御待ち申し上げます。 

カフェ・ド・セナクル店主    石澤 季里



■日時:
2013年8月16日(金)〜8月18日(日)
12:00〜20:00

■場所:
世田谷区宮坂2−19−1 小田急線経堂駅から徒歩2分
「プティ・セナクル経堂校内 」
http://www.antiqueeducation.com/access.html

 



***** 8/16(金) *****

12時半〜
15分レクチャー「私のパリ」&ランチ 講師:石澤季里
パリのMY フェイバリットプレイスとその地区からイメージされる
今日のランチについてお話します。ランチは14時半オーダーストップ。
毎日限定12食です。8/16(金) モンパルナス地区と『そば粉のドリア』


14時半〜15時半
「パリ流おもてなし、上級マナー」 講師:河合恵美
招き招かれ、交遊を深めていくパリジェンヌたち。
そんな彼女たちに倣って、気楽にお友達を招いてみませんか?
会話の糸口や喜ばれるおみやげのルール、反対にしてはならないタブーなど、
日本との違いはもちろん、 知っていれば日本でも通用する
お洒落なマナーについてお話します。


16時〜17時
「簡単磁器絵付け、『ポーセラーツ』に挑戦」 講師:椎名陽子
白磁に転写紙を貼って作る『ポーセラーツ』で、
世界にたったひとつのミニプレートを作りましょう。
クラフトの愉しさに開眼できる講座です。定員5名。


17時半〜18時半
「鑑賞しながら暗記する、お洒落な一言フランス語」 講師:河合恵美
入手困難なチケットを取ってくれたホテルのフロント係に、
また、毎日通ったカフェのギャルソンに…
旅先で出合った素敵なフランス人に気の利いた一言が言えたらどんなに素敵でしょう。
美しくノスタルジックなアンティークのカードを手に取りながら、
そこに書かれたフレーズを覚えていきます。
次回のフランス旅行がきっと待ち遠しくなるはずです。




***** 8/17(土) *****

12時半〜
15分レクチャー「私のパリ」&ランチ 講師:石澤季里
パリのMY フェイバリットプレイスとその地区からイメージされる
今日のランチについてお話します。ランチは14時半オーダーストップ。
毎日限定12食です。8/17(土) 北マレ地区と『鶏肉のクスクス、オリーブとレモン風味』


14時半〜15時半
「食卓が華やぐ、旬の和皿」 講師:睫擇劼躬
今をときめく陶磁作家、岡田直人氏や長峰菜穂子女史の陶磁器は、
和食はもとより洋食を120%引き立たせる器と評判です。
アンティークとも相性の良い、そんな器を用いたお招きのテーブルセッティングを、
食卓の魔術師、スタイリストの睫擇劼躬劼気鵑ら学びます。


  15時半〜16時半
「デジカメ、スマートフォンで撮影する、プロ級静物写真」 講師:中川カンゴロー
現代生活には欠かせないFBやブログにアップする写真を、
一段と魅力的に撮影するプロの極意を教えます。


18時半〜19時15分
「シャンソン・ライブ by Nobuko SAITO」
夏の夜を彩るシャンソン歌手、Nobuko SAITOの軽やかな歌声。
ロゼワインを片手に、スイートで大人の魅力たっぷりの歌声にしばし酔いしれましょう。




***** 8/18(日) *****

12時半〜
15分レクチャー「私のパリ」&ランチ 講師:石澤季里
パリのMY フェイバリットプレイスとその地区からイメージされる
今日のランチについてお話します。ランチは14時半オーダーストップ。
毎日限定12食です。 8/18(日) サントノレ地区と『サーモン・ファルシ 人参添え』


15時〜17時
「マカイバリ茶園・セカンドフラッシュの楽しみ方」 講師:石井道子
自然の摂理に準じたシュタイナー農法で紅茶をつくるマカイバリ茶園。
マカイバリ茶園はインド・ダージリン地方にあり、フェアトレード生産者としても有名です。この夏、収穫されたばかりのマカイバリ茶園「ダージリン・セカンドフラッシュ」の
美味しい飲み方、淹れ方をデモンストレーションを交えながらご紹介します。
フレンチシェフ、三國清三氏も惚れ込んだ味を堪能ください。定員10名。



***************

■主催:
プティ・セナクル 

■協力:
CocoRococoマカイバリジャパン、睫擇劼躬辧中川カンゴロー、ノブコ・サイトウ




■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」
http://www.antiqueeducation.com/








石澤季里/フランスの食や地方文化にも通じているフレンチ・アンティーク研究家。プティ・セナクル代表。2000年1月、カルチャースクール「アンティーク・エデュケーション」を開校。現在は、カルチャーサロン「プティ・セナクル」と改名し、「旅して学ぶフランス貴族の暮らし」を軸に、マナーからヨーロッパの美術様式まで、より広く学べる場を提供している。著書に「パリ 魅惑のアンティーク」(阪急コミュニケーションズ)他。

河合恵美/上智大学文学部フランス文学科卒業後、美術館勤務を経て、渡仏。2008年まで、パリ日本文化会館にて勤務。その後、オークション会場付設のドルーオー学校にて、骨董プロフェッショナル・コースに在籍、2010年ディプロマ取得。同年、テーブルアートを中心とするフランス骨董のネットショップ「CocoRococo」をオープン。

椎名陽子/結婚、出産後、夫の海外転勤でオランダに3年半暮らす。その間、ヨーロピアントールペイントやフラワーアートを学び、インストラクター資格やディプロマを取得。 帰国後、Ruveryアーティフィシャルフラワー協会ディプロマ取得。代官山CoCoにてポーセラーツを学び、2013年6月末卒業。今秋、自宅にてRuveryアーティフィシャルフラワー、及び、ポーセラーツサロンをオープン予定。

睫擇劼躬/ファッションビルを運営する会社を退社後、スタイリスト事務所に入所しさまざまな分野のスタイリストやコーディネーターのアシスタントを経験する。その時師事したテーブルコーディネーターの仕事に感銘を受けてテーブルまわりのスタイリストとして独立。現在は、お料理本、雑誌、広告などスチールの仕事を中心に活動しています。

中川カンゴロー/岐阜県生まれ。カード会社の会員向け雑誌、「なだ万」写真集の撮影担当やオランダの出版社からの撮影依頼を受けて日本の料理人と料理を紹介するなど、活動的に仕事をこなしている。その一方で、車メーカーなど、企業から写真講座の講師として招かれを年間20回程開催している。著書に「*写真集 「うちの子に生まれてくれてありがとう」、他。

Nobuko SAITO/フランス語の歌詞の美しさに興味を持ち歌い始める。シャンソン歴6年。 J'aime chanterコンクール、日本アマチュアシャンソンコンクール連続出場。クラシックからポップスまでオリジナルのよさにこだわり活動中。

襯泪イバリジャパン/シュタイナー・バイオダイナミック農法による有機茶を、日本の皆様に楽しんでいただくため、マカイバリ茶園アジア・日本販売総代理権に基づき、当社を設立。また、茶販売だけでなく、インドの人々と日本の人々の懸け橋となるべく、国際協力活動も行う。

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 17:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM