<< パリ最終日 | main | KEIKO Deuxième の修学旅行日記(1)7月10日〜旅のマリー・アントワネットの衣・食・住<2013年修学旅行>6泊8日 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


修学旅行を終えて

修学旅行を終えて、無事、帰国しました。

今年は、いつもよりは移動時間が短く
パリ・ノルマンディー・ロワールを廻る旅だったので
ジジのシャトーでのんびりしたり、パリの我が家でランチを楽しんでいただく時間もありました。
フランスを縦断するだけでなく、こうしたパリ流の時間の流れを満喫する旅も悪くないなとおもいました。

また、今回は、途中途中で取材もしたので、カメラマンの赤平さんがジョイントしたり、と。
いつも以上にフランスに暮らす方々との交流に満ちた旅となりました。

  
  



ノルマンディーのシャンブル・ドート「シャトー・デタイユ」はルイ15世の時代に税務所として使われてた豪奢な建物。そこを織物問屋のオーナーで、南仏の有名刺繍家エディス・メザールの広報を担当していたお洒落なマダムのセンスで飾りつけた素敵な場所。
おおらかで、笑顔がすてきなマダム。

そして、シャトー・レ・ゾーベールの公爵夫人、ジジ。

シューズデザイナーで、ナポリ貴族のモードさん。

3人、三者三様のフレンチ・マダムとの交流も皆さんの心に残ったこと。

そして、シャトー・レ・ゾーベールの格言
「jamais peur,jamais soif」
恐れずな、渇望するな=やりたいと思った事は実行せよ!

は、今後の皆さんの方向性を大きく示唆する言葉となったようです。

人生にはいくつもの章があり、その時々に臨機応変にしなやかに対応していかなくてはならない。1年半前に最愛の夫であるパトリックを亡くしたジジが今、再び一人の画家として
果敢に道を進んで行くように、わたしたちも様々な出来事を乗り越えて
よりよい人生を歩んで行きたい。
それに共感する仲間が、今回の修学旅行でまた増えたことがとても大きな成果です。

8月のプティ・セナクルは3日限定のカフェに挑戦します。
8/16〜18の3日間。
暑いさなかではありますが、また、みなさんとお目にかかれますのを楽しみにしています。





ひと夏のCAFÉ 「カフェ・ド・セナクル」のご案内


紫陽花色の梅雨も終わり、太陽の季節が訪れました。
皆様、いかがお過ごしですか?暑中お見舞い申し上げます。

本日は、この夏、私どもが初めて試みる、
3日間限定のカフェのお知らせをいたします。
イメージは、
かつてアイルランド・ダブリンで偶然出合ったアンティーク・カフェ。

食卓に並ぶ素敵な食器やカトラリーやアンティーク家具が店内の雰囲気を盛り上げ、
それらすべてが購入できることに驚かされました。
また、美味しい家庭料理も印象に残っています。

無料レッスンやライブを開催し、
お好みの食器を購入いただくなど、
皆さんに愉しく集っていただくための趣向を凝らす予定です。

ご友人やご家族と御一緒に、
また、もちろんお一人でもお越しいただけます。

美味しい料理やお菓子を用意して、
皆さんのお越しを御待ち申し上げます。



カフェ・ド・セナクル店主    石澤 季里



■日時:
2013年8月16日(金)〜8月18日(日)
12:00〜20:00

■場所:
世田谷区宮坂2−19−1 小田急線経堂駅から徒歩2分
「プティ・セナクル経堂校内 」
http://www.antiqueeducation.com/access.html



■主催:
プティ・セナクル 

■協力:
CocoRococoマカイバリジャパン、睫擇劼躬辧中川カンゴロー、ノブコ・サイトウ




■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」
http://www.antiqueeducation.com/



スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 11:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM