<< 「日本の喫茶」テーブルコーディネート展 | main | ソーシャルネットワーク >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


もっと知りたい!「パーティーの歴史」【第4回】「シリーズのあゆみ〜大原千晴先生が語る」

JUGEMテーマ:グルメ
 



■<パーティーの歴史 Vol.20
『名画の食卓を読み解く』 出版記念レクチャー
パリ黄金時代 カフェとレストラン〜アートと文学誕生の原点 >
■講師 大原千晴
■日時 7/1(日) 
   【受付開始】10時15分 *時間厳守でお願いします
【開演】10時半〜13時
■会場 帝国ホテル17階 インペリアルラウンジ「アクア」 http://www.imperialhotel.co.jp/j/ 
■定員 20名
■単発の受講料 会員:10,500円 一般:11,500円  (料理、飲み物付き)
■どなたでも受講いただけます。

■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」
http://www.antiqueeducation.com/





『名画の食卓を読み解く』(大原千晴:著、大修館書店)出版のきっかけでもあるこの講座を、

さまざまな角度から掘り下げる特別企画。

みなさんの「なぜ?どうして?」にお答えすべく、特別インタビューを敢行!

大原千晴先生にお話を伺いました。

大原千晴(おおはら ちはる)

英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。

石澤季里(いしざわ きり)

フランスの食や地方文化にも通じているフレンチ・アンティーク研究家。プティ・セナクル代表。2000年1月、カルチャースクール「アンティーク・エデュケーション」を開校。現在は、カルチャーサロン「プティ・セナクル」と改名し、「旅して学ぶフランス貴族の暮らし」を軸に、マナーからヨーロッパの美術様式まで、より広く学べる場を提供している。著書に「パリ 魅惑のアンティーク」(阪急コミュニケーションズ)他。


大原千晴先生が語る〜パーティーの歴史シリーズとは?」


【供―佝琶圈

質問・構成:プティ・セナクル


Q8.このたびご本を出版されることになりましたね!レクチャーの内容がベースになっているのですか?
(大原)『名画の食卓を読み解く』(大修館書店)という一冊です。7月中旬発売予定です。この講座がきっかけとなって誕生した記念すべき一冊です。
 
このグルメレクチャーをお聞きになって興味を持って下さったのが、大修館書店の編集者でいらっしゃる小林奈苗さん。で、同社発行の月刊誌『英語教育』で、食をテーマに連載記事を書いてみませんか、とお誘い頂きました。毎回2500字内外で、原則1年。テーマは「絵画の食卓を読み解く」で、毎月「食卓を描いた絵画」をその歴史背景に踏み込んで、食文化史の視点から、あれこれお話する、という連載です。これが思いのほか好評を頂き、連載が2年間継続しました。で、これに加筆することで、一冊の本として新たに出版して頂けることになった。というわけです。なので、このレクチャーをスタートさせて下さった石澤季里さんには、ほんとうに感謝しています。


新連載は『食卓の歴史ものがたり』としてスタートしました。
「英語教育 2009年4月号」(大修館書店) p.66 第1回<食卓で手を洗う> 部分

取り上げているテーマそのものについていえば、レクチャーと重なる部分が大いにある、と思います。でも、1時間掛けてお話をするのと、数千文字で文章にまとめるのとでは、まったく世界が異なります。レクチャーであれば、ある程度話が飛んでも、むしろそれを楽しんで頂くことが出来る。でも、文章では、そんな気ままは許されません。その意味では、レクチャーのほうが、ずっと情報量が多いと思います。

その反対に、ロンドンの魚河岸、なんてテーマは、これだけではレクチャーにはできません。でも、文章なら十分に楽しんで頂ける。敢えて言うと、文章のほうが、話よりもはるかに、密度が濃い。読者の皆様に、そう思って頂けると嬉しいのですが。執筆に時間はかかりましたが、ぐっと密度をあげられた、そんな手ごたえがあります。


食卓、インテリア、道具類・・・、絵画には、時代の貴重な情報が詰まっているのがよくわかりますね。
「英語教育 2009年12月号」(大修館書店)p.61 第9回<英国マナーハウスの蒸留小屋> 部分


Q9.それは期待が高まりますね!具体的にどんな内容か教えていただけますか?
(大原)では、目次をご紹介してみましょうか?テーマを見てるだけでも面白いんですよ。
 
・紀元前4世紀末、古代エトルリアの宴
・14世紀末パリの幼妻へ、老夫からの箴言
・15世紀フランス王族、新年の宴
・食卓で手を洗う中世の貴族たち
・英国中世,修道士の肉食
・華麗なるイタリア・ルネサンス宮廷宴席
・16世紀中期フランドル農民の食卓
・デューラーの絵に見る四体液説と料理
・17世紀中期オランダ都市の食卓
・女王エリザベス祇ぁぜ蹐蠅留
・19世紀初頭ロードメイヤーの宴席
・1838年英国ヨーク、女性画家の食卓
・アフタヌーン・ティーの舞台裏
・英国マナーハウスの蒸溜小屋
・19世紀末ロンドンの魚河岸
・テキサス・カウボーイの食卓
・19世紀末英国のディナー・パーティー
・ルノワール「舟遊びの昼食」
・アブサンの時代・大戦間パリのカフェ
・ホッパーの描くニューヨークのダイナー

・コラム1「シンポジウム」(古代ギリシアの酒席)
・コラム2「アランビック」(=蘭引=蒸留器の由来)
・コラム3「14世紀末、幼妻の心得」(40才差の幼妻への箴言)
・コラム4「中世修道院ビジネス」(頭脳ビジネス集団)

・もっと知りたい人のための読書ガイド
 
本の中身は、非常にユニーク、そう断言できます。なぜか。これまでも「食卓の絵画」をテーマとした本は、我が国でも何冊かすでに出版されています。当然ですが、その執筆者は、ほとんどが美術史家の先生でいらっしゃる。なので、確かに「食卓の絵画」がテーマではあるけれど、そこに書かれている内容は、絵画の構図や画法、美術史上での意味、画家の生涯におけるその絵の意味合い、制作にまつわる裏話というような内容が主です。絵に描かれたお料理や、その時代の宴席のやり方、なんて話が詳しく説明されることは、まずない。


タイトル:『名画の食卓を読み解く』(大修館書店) 判型:四六版、192頁
定価(本体):¥2,200- 発売予定:7月上旬 ISBN:978-4-469-25082-4
 
今度出る私の本は、いわば、その対極にあります。基本は、絵画を美術史の研究対象として見るのではなく、食文化史の「史料」として読み解く、という視点です。その絵に描かれた「食卓」の背景から、どのような社会と人間が見えてくるのか。彼らは何を食べ、誰がどうやって料理を作り、どのように食卓でサーブしたのか。素材となる野菜やお肉はどうやって調達したのか。食卓でどんな話を交わしたのか。宴席であれば、そこに描かれた宴席の、際立った特徴は。何か。などなど、食の歴史を中心に、絵を読み解いていく。これが今度の本の基本的なテーマです。

これまで日本で、こうした方向から絵画に切り込んだものは非常に限られているのではないかと思っています。


【検7/1開催直前!編】につづく

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 13:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/06/15 4:41 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/06/16 3:10 PM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM