<< 江戸情緒溢れる日本橋 | main | 暮らしを彩るロンドンスタイル@第一園芸本店 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


もっと知りたい!「パーティーの歴史」【第3回】「シリーズのあゆみ〜大原千晴先生が語る」

JUGEMテーマ:グルメ





■<パーティーの歴史 Vol.20
『名画の食卓を読み解く』 出版記念レクチャー
パリ黄金時代 カフェとレストラン〜アートと文学誕生の原点 >
■講師 大原千晴
■日時 7/1(日) 
   【受付開始】10時15分 *時間厳守でお願いします
【開演】10時半〜13時
■会場 帝国ホテル17階 インペリアルラウンジ「アクア」 http://www.imperialhotel.co.jp/j/ 
■定員 20名
■単発の受講料 会員:10,500円 一般:11,500円  (料理、飲み物付き)
■どなたでも受講いただけます。

■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」
http://www.antiqueeducation.com/





『名画の食卓を読み解く』(大原千晴:著、大修館書店)出版のきっかけでもあるこの講座を、

さまざまな角度から掘り下げる特別企画。

みなさんの「なぜ?どうして?」にお答えすべく、特別インタビューを敢行!

大原千晴先生にお話を伺いました。

大原千晴(おおはら ちはる)

英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。

石澤季里(いしざわ きり)

フランスの食や地方文化にも通じているフレンチ・アンティーク研究家。プティ・セナクル代表。2000年1月、カルチャースクール「アンティーク・エデュケーション」を開校。現在は、カルチャーサロン「プティ・セナクル」と改名し、「旅して学ぶフランス貴族の暮らし」を軸に、マナーからヨーロッパの美術様式まで、より広く学べる場を提供している。著書に「パリ 魅惑のアンティーク」(阪急コミュニケーションズ)他。


大原千晴先生が語る〜パーティーの歴史シリーズとは?」


【供“展編】

質問・構成:プティ・セナクル


Q4. 思い出深いお料理やシェフのエピソードなどあったら教えて下さい。
(石澤)アラン・デュカスさんプロデュースのレストラン「ブノワ」。こちらはことあるごとに御世話になっています。デュカスさんの愛弟子である歴代のシェフ、マッシモシェフ、小島さん、ダビッドシェフ。みなさん、まさに「食の歴史を掘り起こすことをおもしろがれるシェフ」でした。ご自身で文献を調べてくださることもありましたね。

マッシモシェフにいたっては、ローマのそばの小さな村のご出身で、わたしたちの知らないかの地に伝わる料理まで提案してくれたんですよ! vol.6「イザベラ・デステの食卓」がそうだったんですが、フランス料理店のはずのブノワが当日だけは、イタリア料理店に変身してしまった!

メートル・ドテルの北平さんも毎回、一緒になって雰囲気を盛り上げてくださいますしね。そんな意味では、「ブノワ」は素晴らしい思い出がいっぱいのレストランです。


レクチャーで供されたブノワのお料理の数々


Q5. 始められた当初、これほど長くシリーズが続くと想像されていましたか??
(大原)第1回目が好評だったので、数回は続くかもしれない、と思いました。でも、こんなに回を重ねる事になるとは、夢にも思ってみませんでした。だって、単に私が歴史調べが好き、というだけではダメなわけで、お客様あってのことですから。だから、ここまで続いていること、すごく嬉しいですね。

(石澤)本当にそうですね、毎回、講座のご案内が届くのを楽しみにしてくださる方がいて、足を運んでくださる方がいて・・、だからこそ、続けられたわけですからね。わたしもうれしさと感謝の気持ちでいっぱいです。


Q6.レクチャーのテーマはどのように決めているのですか?毎回、新しいテーマに取り組まれていて、お話をまとめるのにご苦労もあると思うのですが。
(大原)テーマは季里さんと私が話しあって、そのときの会話の流れの中で自然に決まっていきます。ときには、季里さんから「次回はこういうテーマで」とご指定を頂くこともあります。基本的には、どんなテーマでも、まずは挑戦してみよう、そういう気持ちです。なぜかって言うと、これを続けてきたことで、自分自身がすごく鍛えられましたから。


大原先生の資料をもとにメニューの打ち合わせが行われます。
vol.12「19世紀パリ花開くレストラン文化」の打ち合わせ資料より
2009年開催/会場:「ブノワ」(青山)

で、季里さんとのお話の中で、「こんなテーマ面白そうなんですけれど、どうでしょうか」と言われたら、まずは、それを家に持ち帰って、下調べをする。で、とても出来なそうだったら、諦めるよりほか仕方ありませんけれど、今までそういうケースは少ないですね。多少無理してでも、なんとか挑戦してみようと、そう思ってスタートしました。それが正解だったと、今は思っています。私は生来のグータラで、それもひどいグータラですけれど、歴史を知りたい! という好奇心は人並みはずれて強いものがあります。だから、そのために長時間、様々な本を読んだり専門的な論文を読んだりということは、まったく苦になりません。グータラな私が、この点だけは、グータラじゃない。まあ、好きだからなんですね。

もともと史料集めは趣味でしたけれど、この講座やらせて頂くようになってから、それに輪がかかって、今じゃ自宅の一室は、完全に古本屋状態です。でも、それが、楽しい。だから、話をまとめるのは、確かに「苦労」ではあるけれど、結局、好きだからやってるんですよね。。


素材・調理法・スパイス・・、シェフのクリエイティビティもみどころです。
vol.10「月の満ち欠け豊穣の食卓」の打ち合わせ資料より
2008年開催/会場:「ラビュット・ポワゼ」(自由が丘)


Q7.レクチャーのテーマの取り上げ方、切り口が少しずつ変化してきたようも感じますが?
(大原)そういう風に見えますか? このレクチャーをスタートした7年前と今とでは、私自身の知識の広がりと深さが、大きく違ってきています。自分で言うのも何ですけれど、ずっと勉強を続けてきましたから。「食」という世界に絞っていても、その周辺も含めて、ある時代のある人間が生きた世界を描くことが出来て、始めて皆様がより深く楽しめるような話になるわけで。

例えば前回のvol.19「ロートレックと印象派の画家の食卓」なんて、7年前なら、知識不足で、とてもちゃんとしたレクチャーにはならなかったと思います。でも、今は、彼の人間と時代の関わり方というようなところにまで、多少踏み込んで、お話することができる。このあたりが、大きな変化かもしれません。敢えて言うと、昔は、食卓と料理と食器や食材の話が中心。今は、その舞台に登場する「人間」と「時代」というあたりも、非常に重要な要素としてお話ししている。そんな感じです。


Vol.19 「ロートレックと印象派の画家の食卓」
2011年開催/会場:「ブラッスリー・オザミ」(丸の内)



【掘―佝琶圈曚砲弔鼎

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 13:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/06/04 11:47 AM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM