<< 美を紡ぐ3カ国、ヨーロッパの旅へ〜デンマーク世界一美しい料理 | main | もっと知りたい!「パーティーの歴史」【第3回】「シリーズのあゆみ〜大原千晴先生が語る」 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


江戸情緒溢れる日本橋

 元細川総理大臣は、今や立派なアーティストとしてエルメスのギャラリーでも展示を行う程の腕前。
毎年、日本橋の壷中居で展覧会を開催するのにかけて、日本橋に出かけました。

数年前から書も書いていらっしゃいますが、今回は力強い「邂逅」(偶然出会うという意味)という字と西行の春を読んだ謌が素敵でした。それから、ご案内のはがきにもなっている白茶碗の風景がすばらしかった。
刷毛目茶碗は斬新さを狙って、ちょっとあざとい感じがしてしまったのは私だけでしょうか?

久しく和の世界に触れていいませんでしたが、美しいものは和洋問わずいいねえ〜。歳取ってお洒落にお金かけなくなったら、本当にいい食器にちょっとだけ美味しい料理を盛って暮らしたいとおもいました。

そこから日本橋高島屋のエスティー・ローダーへ。
こちらでは、その場で口紅に名前を彫ってくれます。
とっても特別感があってお友達のギフトには最適。
男性諸君、是非、ガールフレンドのギフトにしてください。絶対にポイント上がりますよ!

ご飯は明治18年創業の「てん茂」へ。
レトロな雰囲気のなか、4代目当主の揚げる天ぷらに舌鼓を打ちました。
丸の鱚、それから柿の葉が意外な美味しさでした〜。かき揚げもいいね。モグモグ、、、。
奥の座敷には芸子さんがいて、どなたか主賓を待っている様子でした。
そんな風情も日本橋ならではなのでしょうか?

最後はマンダリンのバーへ。おねがいしたオリジナルカクテル「88」は辛党のわたしにはフィットしませんでしたが、日本橋の夜を締めくくりにはぴったりの雰囲気でした。
このホテルは、女性デザイナーが選んだテキスタイルのコンビネーションが抜群なんだそうです。エレベーター前の朱赤のテキスタイルも斬新で素敵ですものね。

少しの時間にたっぷり楽しんだ夜。大いにリフレッシュいたしました。
今日から6月。
会員の会を兼ねた木本先生のレクチャーも楽しみです!
皆さんに楽しんでいただけるようにがんばります。

てん茂
中央区日本橋4−1−3 電話03−3241−7035




スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 09:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM