<< 写真雑誌「IMA」 | main | Artware SINISHI展 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


もっと知りたい!「パーティーの歴史」【第2回】「シリーズのあゆみ〜大原千晴先生が語る」

JUGEMテーマ:グルメ


■<パーティーの歴史 Vol.20
『名画の食卓を読み解く』 出版記念レクチャー
パリ黄金時代 カフェとレストラン〜アートと文学誕生の原点 >
■講師 大原千晴
■日時 7/1(日) 
   【受付開始】10時15分 *時間厳守でお願いします
【開演】10時半〜13時
■会場 帝国ホテル17階 インペリアルラウンジ「アクア」 http://www.imperialhotel.co.jp/j/ 
■定員 20名
■単発の受講料 会員:10,500円 一般:11,500円  (料理、飲み物付き)
■どなたでも受講いただけます。

■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」
http://www.antiqueeducation.com/





『名画の食卓を読み解く』(大原千晴:著、大修館書店)出版のきっかけでもあるこの講座を、

さまざまな角度から掘り下げる特別企画。

みなさんの「なぜ?どうして?」にお答えすべく、特別インタビューを敢行!

大原千晴先生にお話を伺いました。

大原千晴(おおはら ちはる)

英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。

石澤季里(いしざわ きり)

フランスの食や地方文化にも通じているフレンチ・アンティーク研究家。プティ・セナクル代表。2000年1月、カルチャースクール「アンティーク・エデュケーション」を開校。現在は、カルチャーサロン「プティ・セナクル」と改名し、「旅して学ぶフランス貴族の暮らし」を軸に、マナーからヨーロッパの美術様式まで、より広く学べる場を提供している。著書に「パリ 魅惑のアンティーク」(阪急コミュニケーションズ)他。


大原千晴先生が語る〜パーティーの歴史シリーズとは?」


【機|太己圈

質問・構成:プティ・セナクル


Q1. グルメレクチャーが誕生したきっかけを教えてください。
それまではプティ・セナクルで、アンティークシルバーの講座、何度かやらせて頂いてました。ヨーロッパの銀器というのは、基本的に、食器です。なので、アンティークシルバーの世界をきちんと知ろうと思ったら、それが使われた時代の欧州の宴席がどのような形で行われていたのか、これを知らなければいけない。でないと、銀器のことも、わからない。だから私は骨董銀器を専門とするようになってから、ヨーロッパの古い時代の食卓をあれこれ調べ始めていたわけです。で、実際にこれを調べ始めると、これが、面白い。しかも、ビックリするくらい、奥が深い。

 
左:大原千晴(著)『食卓のアンティークシルバー』(文化出版局)
右:大原千晴(著)『アンティークシルバー物語』(主婦の友社) 


もともと母が料理の先生ですし、子供の頃から「料理」とか「食文化」という専門世界については、これを見聞きして育っているわけで、その意味では、典型的な「門前の小僧」です。でも、だからといって、中世のヨーロッパで貴族がどんな宴席をやっていたかなんて、そんなことは、知らなかった。だいたい日本ではこれまで、そういう古い時代のヨーロッパの食卓については、あんまり紹介されて来なかった。それだけに、これを調べ始めてみると、これまで知らなかったことが、次々と出てくる。「へえーっ、そうだったのか!」の連続です。

で、石澤季里さんとお食事をした際に、ワインの力も手伝って、そんな話が、出た。そしたら季里さんが「だったら、それで講座やって見ませんか」というひと言。季里さんは、こういう決断が早い。私とは、正反対。言われた以上、「物は試し、やってみましょう」と、こちらも挑戦してみようという気になった。2005年の春だったと思います。今から7年前ですねえ。


Q2. 第1回目は、どんな内容、会場だったのですか?
第一回目のタイトルは「ルネサンスのイスラミック・パーティー」。イタリアルネサンス期の宴席には、お料理も含めて、実に様々な形でイスラーム圏からの影響が見られる、というのが、基本テーマです。これ、この頃、まだあまり知られていなかったテーマです。で、季里さんが凄い会場を見つけてきた。

本物のアラブの富豪の子弟が、日本のある巨大会社で働いていらっしゃった。完全に特別待遇の「お客様」という立場でいらしたとは思いますが、とにかく、日本で働いていらした。で、その方の東京での住居、これが一歩中に入ると、イスラームというか、アラブの雰囲気一杯。我々からすれば、なんだか千夜一夜物語の世界が思い浮かぶような、そんな邸宅なのです。しかも、驚いたことに、専従の料理人がいらっしゃる。日本の方でしたけれど、本物のアラブ料理をお作りになる。というわけで、こちらを一夜お借りして、その方にお料理を作って頂き、そこで、お話をしたわけです。

そうそう、スペインから南仏では、今もたどっていくと、アラブ文化の痕跡に出会うことがあるんですが、それを音楽でやっている人達がいて、古い南仏の音楽なのに、まるでイスラームみたい聞こえるという、そんな音楽を流して聞いて頂いたりもしました。また、お話は料理関連だけではなく、建築から衣装に至るまで、実に様々な場面で、ルネサンス期のイタリアの諸宮廷には、イスラームの影響が見られます、なんて話をあれこれさせて頂きました。これが、評判が悪くなかった。


これまでの講座で配布された資料
上左から「vol.9オランダ絵画の食卓」「vol.5英雄シーザーの食宴」「vol.10 月の満ち欠け豊穣の食卓」/下左から「vol.4アフタヌーンティー」「vo.l2中世修道院のハーブと薬草酒」「vol.6イザベラ・デステの食卓」「vol.19ロートレックと印象派の画家の食卓」


Q3.そこからシリーズ化してゆくわけですね。その後は、いろいろなレストランを会場に開催されてきたようですが、どんなポイントで会場を選ぶのですか?
これは基本的には、季里さんの担当です。話のテーマにあったお料理を作ってい頂ける、そんなシェフがいらっしゃるお店、というのが基本です。他にも幾つか条件がありますけれど、ここは季里さんが一番ご苦労なさっている。ね、そうですよね。

(以下、石澤季里)先生がおっしゃった「テーマにあったお料理」はもちろんですし、会場の雰囲気も重要です。でも、最終的にはお料理の美味しさです。ここは譲れません。

例えばvol.17「世界屈指の高級ホテル『リッツ・パリ』 天才料理人誕生のひみつ」この天才料理人とは、もちろんエスコフィエですよね。で、その味を受け継ぐ「ムッシュ」こと村上シェフのことが頭に浮かんで、だったら、彼が長年料理長をつとめ、今も伝統を守り続ける帝国ホテルの「ラ・ブラッスリー」がぴったり!!とひらめくわけです。

実際、「ラ・ブラッスリー」には、ロートレックのポスターも飾られていて、1900年のパリをイメージさせるインテリアなんですよ。フランス人のインテリアデザイナーが内装を引き受けたとかね。おもしろいほど話が繋がっていくんです。


vol.17「世界屈指の高級ホテル『リッツ・パリ』 天才料理人誕生のひみつ」
2011年開催/会場:「ラ・ブラッセリー」(帝国ホテル)


そうそう、ジャックリーヌ・ケネディもとりあげましたよね!彼女、ルコントさんのプリンが大好きで、バハマの別荘にわざわざフランスから夏期バカンス中の彼を呼び寄せて好物のプリンを作らせていたんですって。じゃ、ルコントさんの愛弟子といったら麹町の「シェ・シマ」の島田さんにお願いしようかしら...という具合です。これは、vol.16「ファーストレディの華麗なる策略 ジャクリーヌ・ケネディーのもてなし術」でしたね。

「パーティーの歴史」に限らないことですけれど、「プティ・セナクル」のレクチャーは、テーマの幅がとても広いんです。なので、いかに情報の種を持っているかが「鍵」といえます。その意味では、わたしのレストラン選びは、間違いなくグルメな友人たちに支えられていますね。美味しいものを愛する人に支えられて「パーティーの歴史」シリーズがバージョンアップしてこれたと思っています。



【供“展編】につづく

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 23:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/05/24 1:36 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/05/24 7:00 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/05/24 9:38 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/05/24 2:44 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/05/24 3:00 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/05/24 4:41 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/05/24 9:06 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/05/30 10:29 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/05/31 4:05 PM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM