<< 原発についての英国人の見解だそうです | main | パリ、原発反対デモ >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


桜の季節

 昨日からお彼岸。今日は御墓参りにいってきました。
多摩霊園までいく途中、桜を撮り続けているカメラマンの景山さんの都内桜おすすめスポットへ。今日みたく18度もあると、桜も少し咲き始めていたりするのかなあとおもいましたが、見頃までには2週間はかかりそうなかんじ。でも、蕾がずいぶんほころんできました。



桜の季節には、被災者の方々もそれぞれの居場所を見つけていられる事を願って。また、わたしたちもいつもと同じペースで生活ができるメドがついているといいですね。

とにかく、原発の冷却装置が正常に動き出しそうなのは喜ばしいことです。

オバマ大統領が、日本が危険だという考えにかられるのはやめようと表明したらしいです。
そうそう、日本復興のためにも落ち着いたらどんどん外国人旅行者にも来てほしい。

まだ新聞には掲載されていませんが、オーストラリア政府が、5000人まで家を失った被災者を6ヶ月受け入れる体制を整えたそうです。

また、バイオリニストの葉加瀬太郎がチャリティーコンサートを行ったり、ニューヨークでは、日本人とアメリカ人が一体になって募金運動をはじめています。
先日、「日本文化の影響を受けて作られたアンティーク」というイベントを開催したパリ、クリニャンクールのマルシェ・セルペット&ポール・ベールでも、マーケット内で募金を募る予定だそうです。

人員はもちろんのこと、お金はいくらあっても無駄にはならない。
外国人にもどんどん募金してもらいましょう。
何か足りないものはない?と外国人の友人から聞かれたら、「募金」と答えてください!
500円でも1000円でも、自分の身丈にあった募金をおねがいします。

こんな惨事は1000年に一回かもしれないし、二度と起きてほしくないけど、世界が一体になるひとつの「きかっけ」になるかもしれません。

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 15:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM