<< パリ的なお正月 | main | 知られざるルネッサンスの残り香 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


やっと、滑り出しました感

年末年始のお休みが長かったせいか、なんだか調子が出なくて困っていたところに3連休。ん〜、もういっそ休んじゃおうっていうことで土曜日は歌舞伎にホームパーティ。月曜日はプティ・セナクル裏授業のウクレレとまたもホームパーティと遊び惚けた3連休でした。
土曜日は「歌舞伎ソムリエ」のおくだ健太郎さんが主宰する新春歌舞伎鑑賞会&会員のみなさんとの懇親会へ。場所は日本情緒溢れる浅草の天ぷら屋さん。おくださんのご尽力で役者の片岡愛之助さんは現れるわ、老舗おもちゃやさんのご主人はいるわの豪華絢爛な顔ぶれ。また、会員さんも心からおくださんの解説と歌舞伎を楽しむ余裕のある文化的なお顔ぶれで楽しく会話をさせていただきました。でも、役者さんってそばで観るとやっぱりかっこいいですね。もちろん「与話情浮名横櫛」の与三郎を演じる愛之助さんも優男ぶりもかっこ良かったですが、近くにいるとまた一段とオーラを感じました。またお笑いの方々とは違う大阪弁もいいものですねえ〜。この演目、途中熱海の貫一お宮を彷彿するものがあったのですが、男が別れた女に愚痴るというのは世の常?なのか。でも、こっちの脚本が先なんですよね〜。きっと。
そこから流れて広尾の大邸宅でのホームパーティへ。日本にいるとめっきりフランス語を使うことがなくなる私ですが、久しぶりにいっぱいお話しました。というのも、こちらのオーナーはフランス人だから。あるところにはあるのです。東京でもフレンチコミュニティが。それにしても大きなお宅でした。現代アートがご趣味らしいですが、大きなサイズの作品はやはりこのボリュームがないと飾れないなあと実感しました。
そして昨日はお友達の尾方さんがパエリアを作ってくれるというので同じお宅に再び伺いました。それにしてもエステシャンのココちゃん(やはりこの家の住人)も尾方さんも料理上手。手抜きとはいいながらパエリアやモロッコのクスクスという国際感溢れる料理ををささっと作れるのはそうした料理を日々、代わる代わる食べている日本女性ならではですよね。ほんと、日本って世界中にも類を見ない国際都市で凄いなあとおもうのです。
ところで、今度の日曜日は真珠の授業を真珠のスペシャリテである山田節子さんとセッションします。そうそう、真珠にしてもかのミキモトさんがいなかったらこれだけ世界に広まる事はなかったわけですから。今は日本やタヒチ以外にも安価な中国産や淡水パールがでまわってより広い層の女性のおしゃれに一役買っている真珠。パリでも開催中の「真珠展」の影響で真珠のジュエリーがちょっとしたブームになっているみたいです。真珠のおしゃれを楽しみたい方におおいに喜んでいただける講座を用意する心構えでおります。お楽しみにね!

PS/おくだ健太郎さんの
「歌舞伎鑑賞ガイド―観る前に読んで役立つ (ショトル・ミュージアム)」も必見です!
(amazon.comで購入可能ですよ)





スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 15:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
帰りのタクシーで、吉田くんがやはり、分量に対して、トマトベースと隠し味の醤油の手抜き・・・がなければもっと、何時もの味かもなどど申しておりましたが、みんなで食べるパエジャは楽しいですねぇ〜今度は春野菜でお豆とかも入れて作りましょう!!
  • ogata ですぅ〜
  • 2008/01/16 11:36 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/01/25 6:41 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/01/30 9:21 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/02/01 10:05 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/02/15 7:44 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/02/29 7:09 PM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM