<< パリ、モンパルナス、アールデコ時代の画家たち vol.3 | main | パリ、モンパルナス、アールデコ時代の画家たち vol.5 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


パリ、モンパルナス、アールデコ時代の画家 vol.4

 
1900年のパリ万博の大成功によって、世界中から注目を浴びたパリ。第一次世界大戦によって一端文化、芸術の発展に歯止めがかかったものの、戦後には、再び世界中から「パリ」を求めて人々がやってくるようになりました。そして、彼らはまた起きるやもしれぬ戦争の恐怖に脅かされながらも、「今日を大切に、激しく生きる」ことに躍起になったのです。その当時から、「パリ」という街は、そこで創り出されるものではなく、街自体がブランド化していたといってもいいとおもいます。

植民地からたくさんのエキゾティックな木々や象牙が簡単に輸入されるようになった御陰で、家具の分野ではルールマンといった著名なデザイナーがため息がでるほど美しい家具を作るようになったり。
また、「自分の意志」でものを購入することが許されるようになった働く女性のために、女心をくすぐるすばらしいパッケージングのコスメティックや香水が続々出現したり、この時代のパリメードの品々は、フランス人が誇る18世紀の工芸品を彷彿させる素晴らしいものが溢れています。

そんななかには、当然、食器類もあります。日本ではあまり聞き覚えがないかもしれませんが、1820年からの老舗「ピュイフォルカ」は、今でもパリ、マティニョン通りに居を構える高級シルバーブランドです。すでに父親のルイ・ヴィクトルの時代に、アールヌーヴォーデザインで脚光を浴びていたブランドですが、息子のジャンは伝統を乗り越える「それまでなかったもの」を模索します。そうして、試行錯誤の末に生み出されたのが、ジャン・ピュイフォルカの無駄を削ぎとり、直線を強調したシンプルで美しいラインの銀製品だったのです。彼の製品は、1935年に出航したフランスとアメリカを結ぶ豪華客船「ノルマンディ−」号のでも使用されました。現在でもピュイフォルカのカトラリーシリーズには、フランスの地名がついているのはこの名残のようです。

また、セーブル窯のデザイナー、ジャン・リュスの製品はほとんどが顧客のオーダーによってデザインされた特注です。こちらは数は少ないですが、アンティークマーケットなどで見る機会がルあるかもしれまん。

また、フランス以外では、1922〜28年のグレイズ・ポタリーのスージー・クーパーのエナメル手描きの作品が素敵です。スージーのものは、優しい色合いの主に日常遣いの安価品が多いのですが、数年前ブームになって値段が沸騰したのが昨今は少し落ち着き手が出しやすくなりました。


スージー・クーパーデザイン

いずれにしても、この時代に作られた陶磁器は、セーヴルであっても、リモージュであっても品質、デザインともに優れたものが多いです。
アンティークでもまだまだ見つけられる可能性が高いので、注意してみてください。

日本のアールデコデザインといえば、今、120周年でいろいろなイベントを開催している帝国ホテルの落成がちょうど1923年。残念ながら、フランク・ロイド・ライトのデサインした部屋は現在1室しかないようですが、ノリタケの皿の復刻版はデリカショップ「ガルガンチュア」で購入できます。
本物には、ライトのデザインした柱のレリーフがロゴとして刻まれています。こうした食器類は、リースニングワインを飲むためのアルザス地方のワイングラスを思わせるグリーンのグラスなどと合わせて3/31まで、ロビー横のスペースで開催中の「帝国ホテル120年の歴史展」に展示されているので、銀座で時間があったらよって見て下さい。


幾何学模様のフランク・ロイド・ライトデザインの食器


料理は味、食器、雰囲気、そしてサービスのすべてが調和して100点満点。そうそう、一緒に同席する人と交わされる会話も大事ですね。


ピュイフォルカ
http://www.puiforcat.com/


帝国ホテル120年の歴史展
http://www.imperialhotel.co.jp






JUGEMテーマ:アンティーク
JUGEMテーマ:PARIS

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 10:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM