<< 美しき挑発 レンピッカ展 オープニング! | main | 盆栽デヴュー >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


美しき挑発レンピッカ展開催記念グルメレクチャー

プティ・セナクル主催
美しき挑発 レンピッカ展 開催記念グルメレクチャー
<パーティの歴史vol.14〜味わい学ぶ、アール・デコ時代の画家の食卓> 講師:大原千晴

自由でデカダンな雰囲気を求め、多くの画家がパリに移り住んだ1920年代。その中心となったモンパルナスのブラッスリーでは、狂乱時代を誰よりも謳歌した画家、タマラ・ド・レンピッカがピカソやコクトーとテーブルを囲み芸術談義に花を咲かせました。また、幼い頃からコート・ダジュールでバカンスを過ごすのが常だった彼女は、肖像画家として頭角を表しはじめると海沿いの高級ホテルのリピーターとして、南仏料理に舌鼓を打ったそうです。当日は、「社交に生きた女性」タマラのその華やかな社交生活と当時のパリとコート・ダジュールの食事情をお話するともに、ミシュラン東京の一つ星に輝くビストロ「ブノワ」が用意したオリジナル・メニューを楽しんでいただきます。

過去のグルメレクチャーをブログでご紹介しています

*本レクチャーは、渋谷・Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「美しき挑発 レンピッカ展」の開催を記念して開かれるスペシャルグルメレクチャーです。ご参加の皆様には、レンピッカ展入場チケット、オリジナルポーチ入りシスレーコスメティックサンプルとフィジーウォーターを御持ち帰りいただきます。

協力:Bunkamuraザ・ミュージアム、日本テレビ、シスレージャパン、フィジーウォーター・ジャパン


レンピッカ展記念スペシャルグルメレクチャー
↑クリックすると大きな画像でごらんいただけます。



■ 講座名:美しき挑発 レンピッカ展 開催記念グルメレクチャー
「パーティの歴史vol.14〜味わい学ぶ、アール・デコ時代の画家の食卓」
■ 講師:大原千晴
■ 日時:4/4(日) 10時半〜14時
■ 会場:ビストロ「ブノワ」(青山)
東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 10F http://www.benoit-tokyo.com
■ 定員:70名
■ 受講料:13,000円
レクチャー、シャンパン、フランス料理フルコース、お土産代込み(レンピッカ展入場チケット、オリジナルポーチ入りシスレーコスメティックサンプルとフィジーウォーター)

■ この講座へのお申込み・お問合せはカルチャーサロン「プティ・セナクル」
http://www.antiqueeducation.com/




美しき挑発 レンピッカ展―本能に生きた伝説の画家―
2010年3月6日(土)〜5月9日(日)
Bunkamuraザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横)




JUGEMテーマ:グルメ

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 11:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM