<< 今年のゴールデン・ウイーク | main | ラリック展をより楽しむために >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


モダン・アールヌーヴォー&アールデコ?

イギリスアンティーク家具の専門家、蜷川浩史先生「ある公爵夫人の生涯」の授業を終えた。
19世紀、マリー・アントワネットとも交流のあったドボンシャー公爵夫人。
現代でも、世界中で今なお貴族制がきちんと残っているイギリスならではの話し。貴族の伝統と秩序、そのなかで生まれる革新的な精神と女性の義務。ドボンシャー公爵夫人の生き方が、なにより納得できるからこそ、昔ながらの風習に縛られる居心地の悪さを妙に同感するのかもしれない。

この時代は、蜷川先生が愛する、ゴールデン・キャビスト「チッペンデール氏」が誕生した時代。
家具の世界に有名デザイナーが出現した、美しい家具が溢れる重要な時期だからゆえ、先生も熱がこもる。 フランスとも違う、秩序溢れるイギリス貴族制度とそこで用いられた家具とそのディテール。 来週のクラスもとっても楽しみ。

その後は、原田伊津子先生の代官山のブティック「ラ・メゾン・デピス」ヘ。
お伴のプティ・セナクルアシスタント、森部奈美ちゃん好みの、フリル、レース、きらきらスパンコールの世界がそこにはあり・・・。 目から鱗だったのは、奈美ちゃん好みのスワロスキー、ジェエルの世界は、ファッションに留まらず、インテリアの部門に確実に浸透してきている。
明日にでも洋服にして着てみたいファブリックも多く、普段はインテリアファブリックにしないような、フレンジやラメ、ジュエリーの「エボシ」技法はとて新鮮だ。キムニーとは終結した某有名人「HE」さん、等、有名人も御用達のアクリルラメウールの「薔薇プリント」など、女性を夢見心地にさせるロマンティックなファブリックの世界には、意外にもカルティエ展やラリック展で昨今注目のアール・ヌーヴォー&デコ影響が影響を与えているという。

 6/13の授業では、こうしたファブリックで創り上げるモダン・アール・ヌーヴォー&アール・デコのお話を原田先生にしていただく予定。こちらも乞うご期待です。
 
ラ・メソン・デピス代官山本店
http://www.needk.com











■ 「ファブリックで作る『アール・ヌーヴォー&アール・デコ』インテリア」 講師:原田伊津子
近代化の波を受け、20世紀初頭、世界中で花開いた「アール・ヌーヴォー&アール・デコ」スタイルは、現在開催中のラリック展やカルティエ展の影響からか、新作ファブリックにもそのディテールが数多く取り入れられています。
高品質でありながら、輸入ファブリックより御手頃価格。また、海外のインテリア雑誌でも注目株の日本製のファブリックを用いながら、手軽に取り入れられる「アール・ヌーヴォー&アール・デコ」インテリアのハウトゥーをお教えします。
 
■ 6/13(土) 11時半〜13時
■ 会場:ジェオグラフィカ 3階レクチャールーム
■ 受講料:3000円



■ お申込み・お問い合わせ

プティ・セナクル
http://www.antiqueeducation.com

詳しくはこちらもご覧ください。






スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 20:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM