<< ボーヴィエの富士さんからお手紙がとどきました | main | 講座「ロイヤル・コペンハーゲンとデンマークの磁器 その魅力と年代測定の方法」(講師:佐藤秀和) >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


銀座・レストラン「アジル」

JUGEMテーマ:料理

 

フランスの星付きレストラン「トロワグロ」出身のシェフが作る

モダンで美的なフランス料理を供する店として知られる「エスキス」。

昨今は、銀座東急プラザの4階にパティスリー「エスキス・サンク」をオープンして乗りに乗っているレストランです。

 

そんな「エスキス」がセカンド店「アジル」をオープンしたということで、そのPRに携わった友人の由香ちゃんがランチを予約してくれました。

 

「エスキス」と同じ並木通りのビルの7階にオープンした「アジル」は

富山の流木と藁葺きをインテリアに取り入れ、使い古されたような上質の皮張りのソファーが目を引く

男っぽく、シックなインテリアの店です。

光が燦々と差し込み、白木のクリーンな印象と打って変わったインテリアは、

密林をイメージしているのだとか。

 

また、料理も私たち日本人にとってどこか懐かしく、それでいてフランス料理の真髄を追求したものです。

シェフに言わせると「白子とオレンジとレモンのパスタ添え」は「たこ焼き」

また、「大根のトリュフ添え」は「ふろふき大根」、「羊のロースト」はタイやインド等、「各国のカレー」といった具合に発想の根底が自らの「舌の経験」をもとに作られているというのが印象的でした。

私たちはたまたま直にシェフに尋ねるチャンスがありましたが、それがない人が「これは何?」「なんだか食べたことある」と味の記憶を蘇らせながら食べてくれることに、話題提供をしたいとお話してくれました。

全く同じには無理だけど

白子とオレンジの組み合わせや羊とグリーンカレーの組み合わせなんかはもうちょっと簡単にして自宅でも試してみたいなあ。

 

クリスマスケーキも美味しそうで、ついつい予約してしまいました。25日はこれを持って親類のお宅を訪問しようと思っています。

 

夜はワインとおつまみだけ、また1品で、そしてコースでと、いかようにも使えるそう。

今後のグルメレクチャーにも是非、使用したい店です。

まずは、経験してほしい。そんな銀座の新店です。

 

www.argiletokyo.com

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 13:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM