<< スヌーピーミュージアム@六本木 | main | 大妖怪展〜土偶から妖怪ウオッチまで@江戸東京博物館 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


展覧会「Louvre No.9~漫画、9番目の芸術」@森アーツセンターギャラリー

JUGEMテーマ:フランス

 

紫式部に三島由紀夫、、、。かつて日本語を学び始めたフランス人に、「何故、日本に興味を抱いたか」を質問すると、その返事はそうした文学を日本語で読みたいという答えが一般的でした。

でも、現在、日本びいきのフランス人がそのきっかけになったことに、まっさきに挙げるのが「漫画」なのです。

 

それだけ浸透している漫画ですが、実は、フランスだって漫画=バンドデシネは存在していて、

ひとつの芸術としてしっかり捉えられているのです。

 

 

「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」を芸術として認めるルーヴル美術館の9番目のプロジェクトが「漫画」を通じてアーティストの出会いの場と創造の場を作るということです。

 

そうして生まれた今回の企画は、ルーヴルをテーマに自由に作品を描いてもらうということで、すでに12の作品が発表され、このプロジェクトは現在も続行中なのだそうです。

 

そして、今回、フランスと同様、独自の漫画文化が根付く日本での展覧会が開催されることになったのだそうです。

 

日仏、総勢16人の漫画家が描くルーヴルは、今まで見たこともないほど新しく刺激的。

また、こんなに漫画の描き方が違うというのにも開眼しました。

 

そもそも、日本の漫画は大衆を意識していてペーパーバッグで安価に購入できるという利点があります。寝転がって読むのもよし、電車のなかにもちこむもよし。

ただし、フランスの漫画はB4以上の版で、居間やデスクに座って腰を落ち着けて読むのものなのだそうです。

だからゆえ、子供よりも大人がひとつの芸術として捉えているのが一般的で、彼らにとって「ドラクエ」なんかがたいそうショッキングだったのも理解できます。そういえば、友人が「ドラクエ」の日仏のコレスポンダンスをしていて、そのロイヤリティーでパリにアパルトマンを購入したのを思い出します。それくらい、あの漫画はフランスで大当たりしたんですよね。

 

 

というわけで、新たなルーヴルを発見したい方も漫画の魅力に開眼したい方も必須の展覧会がこの「Louvre No.9~漫画、9番目の芸術」です。ただし、時間はたっぷりとって出かけてください。スヌーピーもそうですが、漫画、意外に見応え、読み応えありますからね。

「LouvreNo.9~漫画、9番目の芸術」

〜9月25日まで

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)

manga-9art.com

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 07:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM