<< 講座「銀器のデザインと刻印」(講師:大原千晴) | main | 講座「英国・ウイリアム&メアリー様式、クイーン・アン様式の家具」(講師:木本玲子) >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


修学旅行説明会 パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 「マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」(講師:石澤季里)

JUGEMテーマ:フランス

 

 

 ■旅カルチャーコース■

 

 

修学旅行説明会

<旅カルチャーコース>〜旅して学ぶ貴族の暮らし 〜

パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験
「マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」

講師:石澤季里

下記についての説明会を開催します。ご興味ある方は気軽にお越し下さい。

・修学旅行「マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」(7泊9日)&プレ・クラス

・アンティーク鑑定基礎コース

 

 

8/21(日) 11時〜 会場:経堂教室
8/24(水) 19時〜 会場:ジェオグラフィカ 3F ライブラリー

■参加費 無料

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


石澤季里(いしざわ きり)
5年に渡るパリ暮らしの間、フレンチ・アンティークの専門学校に通い帰国。2000年1月より、アンティークからフランス文化まで多岐にわたる講座を開催 するカルチャー・サロン「プティ・セナクル」を主宰している。著書に「パリ 魅惑のアンティーク」(阪急コミュニケーションズ)他。 http://www.antiqueeducation.com/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

 

 





<旅カルチャーコース>〜旅して学ぶ貴族の暮らし
2016/11/19〜11/27修学旅行
「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」(7泊9日)の詳細はこちら

 



写真はイメージです

1日目
マリー・アントワネット
●ようこそ、パリへ。


2日目
マリー・アントワネット
●憧れのヴェルサイユ宮殿でマリー・アントワネットに思いを馳せる ●18世紀ブルジョアジーの邸宅が美術館に。往時の華麗な暮らしは見どころたっぷり


3日目
マリー・アントワネット
●王宮などで用いられてきた8万点の家具を管理・修復するモビリエ・ナショナル ●アパルトマンを彩るのは石澤季里が出合ったアンティークの品々

4日目
マリー・アントワネット
●アンティーク・ショップとギャラリーが軒を連ねる、ル・カレ・リヴ・ゴーシュ

5日目
マリー・アントワネット
●工房では巧みな職人の指先から壮麗なタピストリーが生み出されます ●創業以来、多くの王侯貴族・著名人が、その顧客として名を連ねてきた「リッツ」


6日目
マリー・アントワネット
●おだやかな景観にたたずむ城は、1790年、当時の典型的な様式で建てられました


7日目
マリー・アントワネット
●世界的に有名なシューズデザイナーのモード・フリゾン・ド・マルコさんのお城。アーティストらしいセンスが光ります。

 

日目

マリー・アントワネット
●中世の騎士さながらに狩猟犬を従えて森へとくりだします

 

日目

●帰国    

 

 


<旅カルチャーコース>〜旅して学ぶ貴族の暮らし
2016/11/19〜11/27修学旅行
「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」(7泊9日)の詳細はこちら
 

 


旅を楽しむためのプレ・クラス

5講座(【a】〜【f】より選択)の受講が必須です。※鑑定基礎コース修了済みの方は3講座の受講。

【a】ART DE VIVRE マリー・アントワネットに学ぶ城造り(講師:石澤季里)

【b】グルメレクチャー 美食の街パリの足跡 フランス料理誕生の秘密(講師:大原千晴)
【c】英国・ジョージアンスタイルの城に見る、フレンチ・テイスト(講師:木本玲子)
【d】フレンチ・エレガンス 真似してみたい、フランスのラグジュアリーホテルのインテリア術 (講師:福西弘美)
【e】イタリアのプリンセスがフランスにもたらした、メディチ家のお洒落なマナー (講師:中川真貴)

【f】マリーアントワネットも愛した フレンチ・シノワズリーなテーブルセッティング (講師:福田典子



■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

 

 

 


 


スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 21:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM