<< モネ展@上野・東京都美術館 | main | 主婦の友社 雑誌「Bon Chic」vol.12発売! >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


講座「<もっと知りたい英国・ジョージアンスタイル> #1.映画のなかのインテリア「ある公爵夫人の生涯」」(講師:蜷川浩史)



■講座■
<もっと知りたい英国・ジョージアンスタイル>
<#1.映画のなかのインテリア「ある公爵夫人の生涯」>


講師:蜷川浩史

ダイアナ妃の先祖でマリー・アントワネットとも交流のあった18世紀イギリスのトレンドセッター、デヴォンシャー公爵夫人。彼女の生涯を描いた映画を見ながら、当時の貴族の暮らしぶり、家具のスタイルなどを学びます。

<もっと知りたい英国>は計4回の講座シリーズです。2回以上の受講は各回500円引きです。

■日時 10/31(土) 14時〜16時
■会場 ジェオグラフィカ
■受講料 6,000円 (お茶、お菓子付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


蜷川浩史(にながわ ひろし)
アンティーク家具鑑定・修復家。イギリス、ノッティンガム・ベースフォードカレッジ、アンティーク家具修復科を卒業。在学時にアンティーク家具修復国家資格(Higher National Diploma)を取得。「GEOGRAPHICA」では、アンティーク家具の買い付けを担当し年間5〜6回イギリス各地を巡る。「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝 なぜ生まれ、どう使われてきたのか」(メディアパル)監修。また各種イベントで講師を務める。http://www.geographica.jp/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/






■講座■
<もっと知りたい英国・ジョージアンスタイル>
<#2.日常に生かすジョージアン・スタイル>

講師:木本玲子


お洒落でエレガントなジョージアン・スタイルのインテリアやテキスタイルを日々の暮らしに生かしてみましょう。会場となるジェオグラフィカの家具、また、海外のインテリア雑誌などをご覧にいれながら、アンティークがより引き立つ飾り方もアドバイスします。

<もっと知りたい英国>は計4回の講座シリーズです。2回以上の受講は各回500円引きです。

■日時 11/15(日) 14時〜16時
■会場 ジェオグラフィカ
■受講料 6,000円 (お茶、お菓子付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


木本玲子(きもと れいこ)
明治学院卒業後、ロンドンのインチボード・スクール・オブ・デザインにてインテリア史を学ぶ。帰国後アンティーク家具店に勤務し、主に販売を担当。2000年、成城にアンティーク雑貨店「attic(アティック)」をオープン。買い付け、販売のエキスパート。http://www.facebook.com/attic.antiques.seijo




■講座■
<もっと知りたい英国・エドワーディアンスタイル>
<#3.エドワード7世時代のイギリス ジョージアン・リバイバルスタイルの家具>


講師:蜷川浩史

歴代の英国王のなかでも、伊達男で有名なエドワード7世。彼の生きた20世紀初頭のイギリスと、この時代にリバイバルしたエレガントなジョージアンスタイルの家具について学びます。会場となるジェオグラフィカの館内を巡りながら、その時代だからこそ誕生した家具の魅力と材質や装飾の特徴についてもお話します。

<もっと知りたい英国>は計4回の講座シリーズです。2回以上の受講は各回500円引きです。

■日時 1/30(土) 14時〜16時
■会場 ジェオグラフィカ
■受講料 6,000円 (お茶、お菓子付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


蜷川浩史(にながわ ひろし)
アンティーク家具鑑定・修復家。イギリス、ノッティンガム・ベースフォードカレッジ、アンティーク家具修復科を卒業。在学時にアンティーク家具修復国家資格(Higher National Diploma)を取得。「GEOGRAPHICA」では、アンティーク家具の買い付けを担当し年間5〜6回イギリス各地を巡る。「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝 なぜ生まれ、どう使われてきたのか」(メディアパル)監修。また各種イベントで講師を務める。http://www.geographica.jp/




■講座■
<もっと知りたい英国・エドワーディアンスタイル>
<#4.きちんとおさらいする「ダウントン・アビー〜華麗なる英国貴族の館」>

講師:木本玲子


爆発的な人気番組「ダウントン・アビー〜華麗なる英国貴族の館」をご覧になった方も多いはずです。来春からNHKで再び放映開始が決まっているこの番組を一層楽しむために、英国・エドワード朝の貴族の生活とそこで働く召使いたちの生活について、もう一度、おさらいします。第一次世界大戦後のアール・デコ時代を描いたシーズン5を、一層、楽むためのプレ講座です。

<もっと知りたい英国>は計4回の講座シリーズです。2回以上の受講は各回500円引きです。

■日時 3/5(土) 14時〜16時
■会場 ジェオグラフィカ
■受講料 6,000円 (お茶、お菓子付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


木本玲子(きもと れいこ)
明治学院卒業後、ロンドンのインチボード・スクール・オブ・デザインにてインテリア史を学ぶ。帰国後アンティーク家具店に勤務し、主に販売を担当。2000年、成城にアンティーク雑貨店「attic(アティック)」をオープン。買い付け、販売のエキスパート。http://www.facebook.com/attic.antiques.seijo


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/







 
JUGEMテーマ:アンティーク
JUGEMテーマ:イギリス

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 11:16
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM