<< 講座「 19世紀フランスの家具」(講師:福西弘美) | main | モネ展@上野・東京都美術館 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「りあんと勝手な仲間たち」展@青山・利菴

JUGEMテーマ:アート・デザイン

流派に縛られず、型
にはまらないお茶会を催したら他に並ぶ者は居ない。
それが、茶杓作家の海田曲巷さんのお茶会です。
プティ・セナクルでも、「不思議の国のアリス茶会」を御願いしたり、フランス・ロワール地方のマダム・ジジの古城で
夜噺茶会を催したり、その度に、お茶の楽しさを教えていただきました。

そんな海田さんとそのお仲間の作品が展示されている青山の小原会館に行って来ました。


海田さんの味のある文字で一言「なんだか変な仲間にさせられ喜んでいる僕」という手紙を受け取ったときは、
「りあんと愉快な仲間たち」だと思っていたのですが、
よくよく見ると「勝手な仲間たち」と書いてある。

その名の通り、行った時間には海田さんは根津美術館に行ったとかで居なくて、
1時後に行ってもまだ帰ってこなくて・・・。
「では、よろしくお伝えしてください」と帰ろうとしたところに
帽子を被って相変わらずダンディーな海田さんが、どこいく風の風体で現れた。
本当に、ギャラリーオーナーの中村さんは「勝手」とよく言い当てたもんだわ。さすがのアーティスト集団です。

そんな会場には、海田さんがデザインした段ボールの茶室「らぶ亭」が設えられていて、
♡型のお茶椀でお茶をいただけます。

青参道で開催されている「LOVE&PEACE」にちなんだ展覧会。
素敵な器や茶杓、それから書や銅版画、篆刻がみられます。

どなたにでも開かれた静かなお茶の時間も心が洗われます。
青山の楽しみはショップングだけじゃないんですね!

利菴アーツコレクション「りあんと勝手な仲間たち」〜10/24(土)11時〜18時(最終日は17時まで)
今週末、10/17、18は「ほのじ茶会」を12時〜17時開催中
港区南青山5−7−17電話03−6427−3300

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 10:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM