<< 東京都庭園美術館展覧会「コレクターの邸宅美術館」についてのインタヴュー記事 | main | ラフィデの熊谷貴美子さんからレターが届きました。 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アンスティチュ・フランセ東京秋の講座

JUGEMテーマ:ファッション

今学期もアンスティチュ・フランセ東京で講座を持たせていただきます。
ファッションの都パリで、その時代の先端をいく女性としてブランド哲学を味方につけた3人の女性をフュチャーします。
ひとりは、永遠の美少女、オードリー・ペップバーンとジヴァンシーの愛らしさ
80年代の女性の強さ、新しさをゴルチエとともに生きたマドンナ
そして、ワンシーズンだけの「モード」ではなく、「スタイル」を生み出したシャネル。

この秋は、大人っぽいファッションが流行するのだとか。彼女達に学ぶ、大人のパリのモードについてもお話したいとおもいます。

モードの歴史、パリのエレガンスの秘密を探る

Histoire de la Mode, découvrez les mystères de l’élégance parisienne

モードの街パリには、時代を象徴するオリジナリティー溢れるブランドが誕生してきました。そうしたメゾンが打ち出 してきた「パリ・スタイル」を上手に利用し、有名になった女性を取り上げながら、彼らの生きた時代とデザイナーたち のファッション哲学を探求します。全3回15名限定。5名以上で開講。聴講はお受けできません。ご登録の締切は、10月7 日(水)となります。

実施日: 1 0 月 1 4 日 ( 水 ): オ ー ド リ ー ・ ヘ ッ プ バ ー ン と ジ バ ン シ ィ 1 1 月 1 1 日 ( 水 ): マ ド ン ナ と ジ ャ ン = ポ ー ル ・ ゴ ル チ エ 12月 9日(水):ココ・シャネルとシャネル

7T2MD    Mme ISHIZAWA




また、12月に予定されているアンティーク鑑定検定試験にむけての講座も。こちらも同様に、よろしくおねがいします。
 

Artdevivreで学ぶフランス・アンティークの世界と鑑定 (「アンティーク検定」対策準備講座)Initiation à l’expertise des antiquités françaises ~art de vivre~

秋学期は、12月6日(日)に予定されている第3回アンティーク検定に役立つ、美術 史・装飾美術工芸史に重点を置いた内容で行います。ロココからアール・デコまで の装飾の変遷、それらがフランスのアンティーク工芸品にどのように使用されて いるのか、鍵となるモチーフは何か、などを一緒に紐解いていきます。授業は日本 語で行いますので、どなたでも受講可能です。同時にアンティークの世界で必要 な専門用語をフランス語で学ぶこともできます。全5回15名限定。5名以上で開講。 聴講はお受けできません。ご登録の締切は、10月15日(木)となります。

実施日: 10月 22日(木):セーヴルからリモージュへ、ロココスタイルとリバイバル 1 1 月    5 日( 木 ): 1 8 世 紀 か ら ア ー ル ・ デ コ ス タ イ ル ま で   フ ラ ン ス 家 具 の ス タ イ ル 11月 12日(木):フランス銀器で見る、アール・ヌーヴォーとアール・デコ 11月 26日(木):ジャポニスムのアンティーク   1 2 月    3 日(木):19 世紀のジュエリーに見る、リバイバル・スタイル

7T2AN Mme KAWAI, Mme ISHIZAWA

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/files/2015/09/programme15a.pdf




 

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 21:16
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM