<< 銀座・ドミニク・ブシェ トーキョー再スタート | main | 「アンティーク鑑定基礎コース 2015年度・後期」 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


NIGHT at MOMAT~いったい何が始まるんです?

JUGEMテーマ:アート・デザイン

NYのMOMAならず、東京の近代美術館はMOMATと呼ばれているのだそうです。

先週の火曜日に、美術館の新しい可能性を秘めた特別展「NIGHT at MOMAT~いったい何がはじまるんです?」
にご招待してもらいました。

ここでは、企業と美術館というテーマで、
美術館を多目的で利用する新たな提案がなされていました。
美術館を単なる鑑賞の場でなく、企業が積極的に活用してビジネスチャンスに生かす、美術館を企業間の交流の場とするのがこのイベントの目的です。


90年代のパリの美術館で、ファッションデザイナー、カステル・バジャックがショーを開催したときは、
文化の国、フランスのその懐の広さに驚いたものですが、
外国では、今や美術館でファッションショーやイベントが開催されるのはとても一般的。


京都の醍醐寺でカルティエの展覧会があって、仏像の首にネックレスがかかっていたときには
これまた大興奮しましたが、「やっと東京の美術館も立ち上がったか〜」というのが実のところはホンネです。

今後は、益々このような美術館が増えて、
普通の企業のおじさんが美術と近くなるといいなとおもいます。

それにしても、近代美術館の所蔵する様々な作品を辞書形式で展示するアイデアはとても面白かったです。
特別企画展「NO MUSEUM,NO LIFE~これからの美術館事典」是非ともご覧遊ばせ!

東京国立近代美術館
http://www.momat.go.jp








 

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 10:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM