<< 説明会 研修旅行 「アンティーク鑑定 マエストロ育成」(講師:石澤季里) | main | 櫻井焙茶研究所 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


説明会 修学旅行 南仏・ニース〜イタリア・ジェノヴァ 「リヴィエラ海岸 ガーデン紀行」(講師:石澤季里)

説明会
旅カルチャーコース修学旅行&マエストロ研修旅行


講師:石澤季里


「旅カルチャーコース」修学旅行、「旅カルチャー マエストロコース」研修旅行と、それそれのプレ・クラスについて説明会を開催します。ご興味ある方は気軽にお越し下さい。




<旅カルチャーコース>
2015/6/14〜6/21修学旅行 旅して学ぶフランス貴族の暮らし
南仏・ニース〜イタリア・ジェノヴァ「リヴィエラ海岸 ガーデン紀行」(6泊8日)はこちら

<マエストロコース>
2015/9/19〜9/27研修旅行 旅して習うフランス国家家具鑑定・修復技術
「アンティーク鑑定 マエストロ育成」(7泊9日)はこちら


 
■説明会
 2015修学旅行 「リヴィエラ海岸 ガーデン紀行」
 2015研修旅行「アンティーク鑑定 マエストロ育成」

■日時 2/6(金) 【1】13時〜 【2】19時〜
■会場 経堂教室
■参加費 無料


■どなたでもご参加いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


石澤季里(いしざわ きり)
5年に渡るパリ暮らしの間、フレンチ・アンティークの専門学校に通い帰国。2000年1月より、アンティークからフランス文化まで多岐にわたる講座を開催 するカルチャー・サロン「プティ・セナクル」を主宰している。著書に「パリ 魅惑のアンティーク」(阪急コミュニケーションズ)他。 http://www.antiqueeducation.com/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/





旅カルチャーコース
<旅して学ぶ貴族の暮らし > 
南仏・ニース〜イタリア・ジェノヴァ
「リヴィエラ海岸 ガーデン紀行 6泊8日」



ジャンヌ・ド・ジュヌヴライ伯爵夫人こと、マダム・ジジが暮らすマントンは、ジャン・コクトー美術館がオープンしたことで話題の、フランスとイタリアの国境近くの風光明媚な村です。今回はこの村の別荘に滞在しながら、映画「グレース・オブ・モナコ」のロケ地になった英国貴族、ハンバーリー伯爵夫人のガーデンパーティに参加します。また、モナコ王室所縁のバラ園やフランス最後の皇后、ウジェニーが晩年暮らした、海を見下ろす「ヴィラ・シルノス」の絶景ガーデンを訪れます。ニースの蚤の市、ジェノヴァの美術館あり。マダム・ジジと石澤季里が案内するリヴィエラ地方を満喫ください。

プティ・セナクル代表 石澤季里


※写真はイメージです。※日程は、2014年12月現在のものです。※訪問先などの予定に若干の変更がでる場合があります。お申込みの際には最新の日程をご確認ください。

1日目

パリ経由でニースへ。 夕刻 海岸に面したプロムナード・アングレを散歩しながらディナーへ。

2日目

 普段は食料品の市場が月曜だけはアンティークマーケットに変身します。南仏のジュエリーなど、ここでしか手に入らないアンティークが手に入ります。  家庭料理の店でランチの後、旧港のアンティークショップやマチス美術館を訪れます。 ディナー 日本人シェフの星付きフレンチを楽しみます。 

3日目

午前中 専用ミニバスでモナコへ。途中、フランス最後の皇后、ウジェニーが晩年暮らした「ヴィラ・シルノス」を訪れます。 ランチ 5つ星パラス・ホテル「オテル・ド・パリ」内のアラン・デュカスの星付きレストラン「ルイ・キャンズ」です。ヴェルメイユ(シルバーに金張り)のカトラリーが優雅なロココスタイルの優雅なインテリアも素敵です。 午後 オペラ座、グレースが作った小劇場、また、モナコ王室の薔薇が美しいバラ園などを見学します。専用バスでマントンへ。  マダム・ジジのアトリエで手料理に舌鼓を打ちます。  

4日目

午前中  ジャン・コクトーの美術館へ。 午後 屋内マーケットで夕食のための買い出し。 その後 映画「グレース・オブ・モナコ」のロケ地となった英国貴族、ハンバーリー伯爵夫人のお宅でティーパーティです。  南仏の別荘に暮らす貴族達のように皆さんでディナーを作っていただきましょう。  

5日目

午前 かつてはイタリア領だった、ドルチェ・アクアの村へ。花市場や地中海を見下ろす丘のうえのティーサロンでお茶を楽しみます。  マントンの星付きレストランへ。    

6日目

午前  専用ミニバスでイタリア・ジェノヴァへ。途中、国境の町、ヴァンテミリアのマーケットなどを訪れ、上質で安価な革製品やバッグなど、ファッションアクセサリーのお買い物。 ジェノヴァではベル・エポック時代のインテリアが素敵なホテル・コンチネンタルに宿泊します。  

7日目

(写真右:1985-2001 Riqualificazione del Porto Antico, Genova, Italia - Renzo Piano Building Workshop, architects - ph. Michel Denance 
バロック絵画の美術館訪問。 その後 新進の建築家、レンゾ・ピアノのモダンな建物が自慢の水族館「アクアリウム・ディ・ゲノヴァ」を訪れます。夕刻 飛行機でパリ経由日本へ。    



<旅カルチャーコース>
2015/6/14〜6/21修学旅行 旅して学ぶフランス貴族の暮らし
南仏・ニース〜イタリア・ジェノヴァ「リヴィエラ海岸 ガーデン紀行」(6泊8日)はこちら
 


旅を楽しむためのプレ・クラス(計5回)

#1
グレース・ケリー、マリア・カラス、ウジェニー皇后、モナコに咲いた花たち(講師:石澤季里)2/21(土)
#2
アンティークのある食卓 アール・デコと和の融合(講師:福田典子)3/26(木)
#3
グルメレクチャー 英国貴族とリヴィエラ海岸(講師:大原千晴)5/31(日)
#4 準備中
#5 準備中





■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/





 
JUGEMテーマ:アンティーク

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 21:23
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM