<< 阪急百貨店「フランスフェア」 | main | 講座「プレ・クラス#1 作家アンデルセンに学ぶ、めげないこ・こ・ろ 」(講師:石澤季里) >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


京都、食事情

JUGEMテーマ:京都

関西に行ったなら、寄らずにいられない京都。
たった半日の滞在でしたが、ゴールドで山路美佐さんが取材した「割烹たいら」、そして、円山公園内の長楽館、そして、北政所ねねが晩年に暮らした高台寺、圓徳院に行ってきました。

「割烹たいら」は、仏光寺通りの長屋を改造した趣のある小料理屋です。柿渋の茶色が美しい、広々とした店内にカウンターだけの贅沢な造り。菊の井で修業したというご主人の平さんに心づくしの料理がランチならたった4200円で堪能できる充実したお店でした。

また、長楽館は明治のタバコ王、村井吉兵衛の別邸跡で、設計者は立教大学長で宣教師のアメリカ人ガーディナー。18世紀のフランスを彷彿させる、すばらしく重厚なインテリアが豪華な雰囲気を醸し出していました。
一杯のコーヒーが、何倍にも美味しく感じられる、とても贅沢な空間です。
長楽館という名前は、ここに滞在した伊藤博文が、窓からの見事な景観を評して命名したのだそうです。

締めくくりは、大好きなマダム、齊藤治美さんとのディナーです。
着物姿が本当に素敵な斉藤さん。この日の装いは、渋いジオメトリックな柄の着物と、なんと、仏事用の黒の帯に、タイシルクのハンカチを自分で張ったという手作り帯!こんなナイスな装いが似合う熟女になりたい!いつもながら思わせる方なのです。




フランスにも京都にも、素敵な先輩マダムが居る私は本当にしあわせ。プティ・セナクルのメンバーさんにだって、憧れの方々がいて、実は、いつも憧れて見ているのですよ〜!

というわけで、連れて行っていただいた蛸薬師通りのフランス料理「ラ・ファミーユ・モリナガ」の料理も堪能しつつ、
翌日の阪急さんのイベントに臨んだというわけです。

割烹たいら
京都市下京区仏光寺通柳馬場西入
電話075−341−608

長楽館
京都市東山区祇園円山公園内
電話075−561−0001

ラ・ファミーユ・モリナガ
京都市中京区蛸薬師通新町西入
電話075−223−3120


 

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 10:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM