<< 単発クラス「クリスマスカードに最適な、お洒落な一言フランス語 」(講師:河合恵美) | main | 熊谷幸治 アイドル展 >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「ベルサイユの薔薇」@京成バラ園

JUGEMテーマ:日記・一般








「ベルサイユのばら」という、深紅の薔薇があるのをご存知ですか?
昨日は、この「ベルサイユのばら」プロジェクトのご担当者とのアポイントで、千葉の京成バラ園に行ってきました。
車で出かけたのが間違えのもの。3連休初日の大渋滞に巻き込まれてアポイントに大幅に遅刻してしまいました。(汗)おまけに、小雨まで降って、薔薇鑑賞には向かない天候でしたが、それでも何百本もの薔薇が咲き誇る様子は圧巻でしたよ。






昨日は、6代に渡ってフランス・プロバンス地方で薔薇の育種を手がけているメイアン社のアランさん直々の解説で、
バラ園を巡るという貴重な機会を体験しました。
池田理代子さんの漫画『ベルサイユのばら』誕生40周年を記念して、その名を冠した薔薇はもちろん、
マチルダ、マイガーデン、などなど、美しい薔薇を観賞するのはとても楽しいひと時でした。

また、「ノックアウト」という名前の薔薇とは思えない極寒、極暑に強い新種の薔薇まであって、どんどん進化している薔薇業界の一コマを見ることもできました。

メイアン社はモナコ王室とも関係が深く、レイニン国王の即位50周年を記念したモナコの旗の色、赤と白のグラデーションの「プリンス・オブ・モナコ」や「ステファニー」「キャロリーヌ」といった姫君たちの薔薇も作ったそうな。
また、グレー・ケリーが彼らの薔薇園を訪れて、ご自身で選んだ薔薇に王妃の名前をつけた、など、貴重な話も聴けました。
来年の6月にはモナコの薔薇園も改築を終えるそうで、こちらも楽しみです。

京成バラ園では、11/17まで現在オータムフェアが開催されて、秋薔薇が本当にきれいです。
また、10日までは、日々12時から1時間、ロザリアン(薔薇愛好家)のガイドツアーが毎日開催されています。

わたしはこの「ベルサイユのばら」と白くてキュートな「アンフィニティー」の苗を持ち帰り、
今朝、植えかえたとこです。
来春には、きれいな赤い花を咲かせてくれる予定。御教室にいらっしゃる際には楽しみにしていてくださいね。


京成バラ園 www.keiseirose.co.jp







 

スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • 14:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM