スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アール・デコの邸宅美術館 建築をみる2015+ART DECO COLLECTORS


今日から東京都庭園美術館で開催される展覧会「アール・デコの邸宅美術館 建築をみる2015+ART DECO COLLECTORS」の内覧会に行って来ました。



会場には、プティ・セナクルの家具クラスを担当する修復家の蜷川浩史先生と、お友達でデザイナーの太田はるのさんを見つけて盛り上がりました!お二人とも、修復家、アッサンブリエという形で今回の展覧会に関わっています。

さて、今回は、イセ文化財団のコレクションのなかでも、ウイーンのホフマンの家具が豊富にみれます。
美しい邸宅のなかで装飾品も息を吹き返した様子。やはり、アンティーク家具もテーブルウエアも遣われてこそ意味がありますよね。
そうした意味でも、アール・デコ建築を当時のまま残している東京都庭園美術館という場所は特別です。


太田さんは最近、フランスを代表するガラスメーカー「サン・ルイ」の魅力を再確認したそうで、今後、コレクションに加えていきたいと語っていました。わたしも、実は、重厚なバカラより「サン・ルイ」のガラスが好き。なんだか優美でロワイヤルな雰囲気が漂っています。
1階の大食堂のテーブルデコレーションは太田さんの作品です。是非、「サン・ルイ」のガラスの魅力にも触れてください。


また、2階の妃殿下のお部屋に飾られている椅子2脚はマリー・ローランサンのもの。
マリー・ローランサンは、ファッションデザイナーで、女性をコルセットから開放したポール・ポワレのインテリア工房「アトリエ・マルティン」のためにも活躍していました。この椅子のひとつは張り地も当時のままだそう。新しく美術館の所蔵になって初めてお目見えされた作品です。


展覧会は9/23まで。
ウイーン・トーネ社のめずらしいダイニングテーブルなど、
ウイーン工房とフレンチの融合。見逃せませんよ!


www.teien-art-museum.ne.jp




 

映画「マジック・イン・ムーンライト」

JUGEMテーマ:ファッション

6月の修学旅行はアール・デコ時代のリヴィエラ地方がテーマ。
というわけで、見逃せない映画が封切りになったので、
いち早く映画館へと。

題名は、なんとも美しい「マジック・イン・ムーンライト」。
世界的に有名な、ウディ・アレン監督の最新作は、前作の「ミッドナイト・イン・PARIS」に継いで、
いなせで粋な男女が集った1920年代をテーマにしたラブコメディーです。

19世紀にフランス・ノルマンディ地方のカレとパリ〜ニース〜マントンに敷かれたPLN鉄道のお陰で
ぐっと近くなったリヴィエラ地方。それでもイギリスからくると、軽く1日以上もかかる旅をものともせず、
ヴィクトリア女王はじめとしたイギリス人が
避寒の地として愛したのがコート・ダジュールの紺碧の海と空です。

今回、ウディ監督が選んだロケ地は、地中海を見下ろす
ニースからカンヌにかけてのリゾート地。
そこで繰り広げられる、天才マジシャンと怪しい占い師が主人公の映画です。
占い師を演じるヒロインは、コートダジュールの海を思わせるブルーアイが魅力的な
エマ・ストーン。そして、その恋の相手役を務めるのが「ブリジット・ジョーンズの日記」や「英国王の
スピーチ」で一風変わった二枚目役を演じたコリン・ファースです。
皮肉屋の英国人を演じたら右に出る者が居ない彼が、人生の素晴らしさ、そして、本当の愛に目覚めていく姿が観ている者をハッピーにしてくれます。


グレース・ケリーがその昔、ヒッチ・コックの映画の舞台で運転したコートダジュールの絶景もさることながら、
コリン演じるスタンリーの叔母さんの住まうお洒落な家や装いにノックアウトされます。

まず、彼女が最初に登場したときの、アール・デコ風のレースの衣装の可愛らしさといったらありません。
その後も、すこしづつ、叔母さんの衣装は違って、でも、全部、コルセットから開放された当時の女性を彷彿させる白いレースを駆使したものなのです。それ以外にも、パリとは違ったリゾートのファッションってきっとこうだったんだろうと思わせる、軽やかでロマンティックな女性達の装いが素敵です。南仏には欠かせない、パラソルや帽子もバリエーション豊富で楽しめますよ。


それにしても、当時は夜の外出といえば、女性はスートワールと呼ばれるロングネックレスが欠かせなかっただろうし、男性は、常にタキシードだったんですね。
1日に何度も着替えて、その場、その場の雰囲気を満喫するのは、なんてお洒落で贅沢な時間の使い方だったんでしょう!!


この映画を観て、5/31の大原先生のグルメレクチャーを受講したら、貴方もきっと1920年代のリヴィエラ通になるはずです。
インテリアもファッションもとにかくたのしめる映画。
早めの鑑賞をお勧めいたします。

マジック・イン・ムーンライト
http://www.magicinmoonlight.jp/intro.php





 

日仏学院「フランス・アンティーク鑑定」クラス


JUGEMテーマ:フランス

昨日は、2014年度最後の日仏学院の授業でした。
テーマにしたのは、アールデコとカフェソサエティー。
18世紀のサロンに代わる社交界は、ひっそりとサークルが組まれたHOTEL PARTICULIER(豪邸)から、
1906年にラスパイユ通りが延長してにわかに賑やかになったモンパルナスのヴァヴァン近辺の
カフェへと移りました。

デュランブル通りの「ボビノ」というバーには、「パリの6人組」といわれるオーレック、プーランクをはじめとした
音楽家、マルチアーティストのジャン・コクトー、そして、アメリカ人財閥系、コレクター、ペギー・グッゲンハイムから
写真家のマンレイ、モデルのキキ、そして、正真正銘の貴族のマリー・ロー・ド・ノワイユ、、、
というような、華やかな社交界の人々が集ったのです。

そんな時代に、モンパルナスの新しく建てられたアパルトマンのデコレーションに用いられたのが
当時、一世を風靡したアール・デコ装飾なのです。

とまあ、ざっくり言うとこんなお話をして、その時代のアンティークのお話をしたのですが、
ひとつ大きな間違えをしてしまいました。

大きな勘違いでボーヴォワールのブーヴォワールとお話してしまいました。
完全なる、綴りの覚え間違え。
お恥ずかしいかぎりです。
BEAUVOIR
どうよんでも、「ボ」です。

生徒のみなさん、ごめんなさい。

そして、明日は大阪、阪急梅田のフランスフェアへいってきます。
アメリを、アメルなんて言わないように気をつけなくちゃ!

明日の13時と16時、御時間があれば、関西方面の方、お越し下さいませ!






 

展覧会「幻想絶佳」@東京都庭園美術館


JUGEMテーマ:フランス

改築されて美しくなった庭園美術館に脚を運ぶのは2度目。
うららかに晴れた一昨日、身近な方々が関わっている展覧会を観に行ってきました。
同窓生の関学芸員監修の展覧会には、
友人でパリのカモンド美術館を卒業したカレ・ブラン社の代表取締役の太田はるのさんが
同校で学んだテーブルデコレーションの歴史の知識を生かしたテーブルセッティングを披露。
また、プティ・セナクルの人気講師、蜷川浩史先生が同美術館所蔵のリュブの家具を修復するなど、
前々から観るのがとっても楽しみな展覧会だったのです。

「ここにあったか〜」と唸ったのがMRアールデコ、巨匠、リュールマンの家具。
美しい花籠が象牙でマーケットリーされたマカッサーエボニーのキャビネットは、アールデコの本のなかには必ず登場する銘品。
こちらは、9月に研修旅行を予定しているモビリエ・ナショナルから来ていました♡
研修旅行では、こんな銘品をぺたぺた触りながら工房で学ぶんですよ♡♡

また、大好きなルルーの「花火」と名付けられたキャビネットや椅子も、MNから来てました。
黒檀とマザーオブパールの華やかな装飾はなんとも艶やか。すんばらしいものです。

今回の展覧会は、アールデコ時代の絵画が充実しているまたとない展覧会です。
3/12には、関学芸員の授業も予定しているので
こちらもきいてから、また、きく前に訪れて再度観覧するのもいいかもね?

アールデコのうきうきする鮮やかな色彩感覚溢れる、上げ上げの展覧会は4/7まで。見逃さないでね。


 

西岡文彦展@銀座・養清堂画廊

JUGEMテーマ:アート・デザイン

多摩美の先生でもあり、日本の伝統的合羽刷の第一人者でもある
西岡文彦先生の個展が昨日から銀座、並木通りの養清堂画廊で開催中です。

いつもは、菩薩像とか、心が静かになる画題が多い先生ですが、
今回は、弾けた!というか、とってもポップなアールデコ調のものが多いです。


タカラヅカの男役を思わせる、男装の麗人や、美しい曲線を描くヌードの美人もたくさんいたのですが、
わたしが思わず購入してしまったのは、
空中を浮遊するこの女性の版画。

これは、おばあさんになったら、「心を解き放って自由に生きたい」と望む
わたしの心の奥底の願望なんだとおもいます。

といったら先生に「もう充分自由じゃないですか」といわれましたが、
そんなことないんですよ〜。まだまだ。もっともっと解き放たれなきゃだめ。

それにしても、ここのところ、大事な友人たちが亡くなったり病気になったりしています。
だからこそ、先延ばしにしないで、やれることを今しよう。来年は、その心の声につき動かされながら進んでいきたいとおもいます。

展覧会は、25日まで開催中。元気になれる、そんな版画が溢れています!



http://www.yoseido.com

 

魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

ディアギレフ率いるバレエ・リュスの衣装展覧会を観に、六本木の国立新美術館に行ってきました。
映画『シャネル』でも、ストラヴィンスキーの『春の祭典』が初めて上演されたときに
パリ中の賞賛と批判を浴びた様子が描かれていましたが、
19世紀のロマンティックバレエとは全く違った前衛的なロシア・バレエは様々な物議を醸し出したようですね。

振り付け、音楽はもちろん、ロシアの民族衣装や伝統的な東洋の衣装からインスピレーションを得たコスチュームは
本当にオリジナリティー溢れるもの。
でも、色、構図、装飾と、衣装としてもすばらしく斬新で、当時のファッションシーンに影響した事が伺えます。

なかでもわたしが大好きだったのは、有名なニジンスキーの『牧神の午後』でニンフが身につけていた衣装です。
胸からすとんと落ちるシフォンのワンピースに、ちょっと長めのスカートを合わせた雰囲気は、今でも全然古くさい感じがしません。このバランス、真似してみたいとおもいました。

また、アレクサンドル・ブノワというデザイナーの
クロッキーが牧歌的でとてもチャーミングでした。
ここは皮、とか、麻とかいちいちコメントしてあるの。

その他にも、大好きなコクトーのポスターやマリー・ローランサンの舞台装飾のデッサン、シャネルがデザインした衣装を身につけて踊る『青列車』の動きの可愛さなど、
さまざまな観点から楽しめる展覧会。

めちゃ混んでいるオルセー展にめげたらこちらへどうぞ。
9/1まで開催中です。



魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展
国立新美術館
http://www.nact.jp/
 

アンティークの印刷物

JUGEMテーマ:PARIS

部屋のインテリアをちょっと変えたいとおもったときに、とても簡単なのが壁の絵を替えるという手段。
とくにお勧めなのが、手軽な雑誌や本の一ページを額装してかけてしまうことです。
当時の雑誌は、ジャン・コクトーが挿絵を描いていたり、プリントを購入したら何百万もするようなカメラマンさんモデルを撮影していたり、そんなチャンスに出合えるから。
そんなページをぴりっと破いて額装したら、それはそれは素敵なインテリアになるのです。

また、今回の雑誌「ゴールド」でも取材していますが、
まだまだパリには素晴らしいリトグラフが破格値で販売していたりするのですよ。

そんなアンティークの印刷物の話を、3月5日の佐藤先生のクラスでは語り尽くしていただく予定です。

今週、来週末の4月開講講座説明会もあわせて、皆様のお越しをおまちしています!


佐藤先生のアンティーク・ショップ
青山・日月堂 根津美術館の向いです!
http://www.nichigetu-do.com/

 

パリ、ジュエリー・オークション

登録しているオークションサイトから、毎日のようにオークションのお知らせがきます。
時間があるときは、ざらりと見るのですが、ここのところ、あまりときめくものがなかったのが現実。

ところが!今日のお知らせには、なんだか心惹かれる時計の写真が!
クリックすると、なんと、「アールデコ時代、カルティエのブローチ型時計」ですって〜。



最近、カルティエの時計は、ほとんどでることもないし、あっても恐ろしい値段ですが、
これはエスティメート12000~15000ユーロと、まあ、許せる範囲。でも、この値段で落ち着くことはないね。きっと、2百万円はいくでしょうねえ〜。

日程を見ると、パリにとんぼ返りする間に競売があるではありませんか!!!
見るだけでも、行ってきます。

ROSSINIという、1999年にできた競売場らしいです。

ああ、これだからパリはやめられない。

わたしの胸に、この時計が輝くことは...。たぶん、ないと思います。(汗)

3/26
14時からオークション
アドレス:7 rue Rossini 75009 Paris
電話01−53−34−55−01
EXPO:25日 10時45普〜18時 26日10時45分〜12時




アール・デコ時代のジュエラー、スザンヌ・ベルペロン

 スザンヌ・ベルペロンって知っていますか?
ここのとこ、やけにこの名前を聞く機会が増えています。

ひとつは、前回の出張のときに、飛行機のなかでみたフランスの建築雑誌「AD」。
5月号は、シャネルのデザイナーでも知られるカール・ラガフェルドがアートディレクションを行ったという号でした。
昔、講談社の「FRaU」で、「カール・ラガフェルドのA~Z」という特集を組んだことがあって、そのときも彼の博学さ加減やセンスのよさに脱帽した記憶があります。

そんなわけで、この「AD」もとても面白かったです。

彼はアンティーク・ジュエリーのコレクターで、昔らからボワヴァン(これもデザイナーの名前。日本ではあんまり知られていないけど、フランスではカルティエやヴァンクリーフ&アーペルズに並んで有名)のジュエリーが好きだと話していましたが、最近は、このベルペロンの色合わせや有機的デザインに心が動かされているという記事がのっていました。

もうひとつは、5/14にジュネーブのサザビーズで彼女のジュエリーのオークションがあったという情報を入手。彼女は、前記の「ボワヴァン」や他のメゾンで働いていたので名前が明かされていないデザインがとても多いのです。晩年は、宝石の目利きとしても働いていたみたい。

1920年代に、アヴァンギャルドな大振りのデザインや奇想天外な色石の組み合わせをやってのけているのが素晴らしい。そでに、白い翡翠のブレスレットにいろんな色の瑪瑙を下げたり、ちょっとエスニック風なデザインも面白い。
完成度は高いかどうかは疑問ですが、下品にならない微妙なオリジナリティーなデザインがグッドなのです。

実は、今日の朝はすぐそばで火事があって起こされました。
木造の一軒家が全焼して、なんと3人もの住人が焼け死んでしまったのです。
幸い風向きが違っていましたが、結構近くて怖かったです。

みなさんも是非、火の用心。心がけてください。





パリの街、アールデコ散歩

 先週の金曜日、土曜日は、林祥子さんのサロン「ザ・クラシック・ルーム・オブ・ギャラリー・ミューズ」で「パリの街、アールデコ散歩」のお話をさせていただきました。



林さんの周りには、海外で生活した事がある方や音楽学校を卒業した演奏家や声楽家、また、化粧品会社の社長さんなど、才能溢れる方が集まっています。両日とも、あいにくの雨にもかかわらず、素敵なマダム&マドモアゼルが脚を運んでくれました。

 
前半は、アールデコの美術様式について写真をみながらお話しました。
また、後半は、わたしの私物のジュエリーをご覧いただきながら1910〜40年代までのスタイルの変遷についてお話しました。やはり女性はジュエリーのきらめきがお好きなようで、みなさんとても興味をもって聴いてくれたのが印象的でした。

林さんの販売する陶磁器やグラスもアールデコの素晴らしいものが揃っていました。

お話のあとのアフタヌーンティーも本格的で、しばし気分はイギリス〜。


 
ここ最近、忙しすぎてブログを書く暇もありませんでしが、少しがんばってまた書き始めます。
ヨーロッパ出張の報告もしますので、また、読んでくださいね。



林さんのサロンでは、アンティークの販売や各種イベントを開催しています。次は、わたしの友人、福西弘美さんのチョコレートレクチャーがあるそうです。
http://www.gallerymuse.net/


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM