スポンサーサイト

  • 2017.02.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


初釜、風?

JUGEMテーマ:紅茶・コーヒーを楽しむ*

 

 

仲良しの女友達と表参道・スパイラルビル5階の櫻井焙煎研究所で新年会。

ここはその場で煎ってくれるお茶やブレンドティーはもちろん、日本全国から櫻井さんが見つけてきた

美味しいお茶の数々がいただけるお店です。

櫻井さんが昔働いていた八雲茶寮でお茶会を開催したことがある関係で

独立してからずっと追っかけしています。

 

お茶の世界では新年を祝う茶会を初釜といいますが、

櫻井さんのすばらしいお点前を拝見していると

ちょっと初釜を体験しているような気になってしまいます。

 

晴れ晴れした気持ちでお薄とお豆腐のお菓子をいただきました。

久しぶりのガールズトークで盛り上がり。

今年も華やかな幕開けとなりました。

 

櫻井焙煎研究所

sakurai-tea.jp/

 

 


謹賀新年

JUGEMテーマ:日記・一般

 

あけましておめでとうございます。

すっきりと晴れ渡った空。そして、ポカポカ陽気の新年の幕開けですね。

皆様にとって2017年が幸多き一年になりますように。

そして、ひとつでもふたつでも、すばらしい思い出と収穫のある年になりますように。

 

微力ではありますが、プティ・セナクルではよき学びの場を提供するとともに、

アンティークやフランス、イギリス好きの仲間と共有出来る有意義な時間を過ごすお手伝いをさせていただきます。

 

今年もプティ・セナクル、そして石澤季里をどうぞ、よろしくおねがいします。

 

プティ・セナクル代表

石澤 季里

 


クリスマスケーキ

 

お約束通り、今年のクリスマスケーキをアップします。

 

24日、友人宅に持って行ったのは

代々木上原の「アステリクス」のブッシュ・ド・ノエル。

もともと、このケーキは、クリスマスイヴの暖炉の残り火でケーキ生地を焼いたことから始まったということです。

暖炉のまきを模したこのケーキもすっかり日本に定着しましたね。

アステリクス。当日は長蛇の列だったけど、ちゃんと予約していたからそそっと横からはいって受け取りました。ちょっと優越感。

人気のクリスマスケーキは予約が肝心です。

 

今年はクリームチーズのブッシュにしましたが、どこからかマロンの風味もするおしゃれなケーキでした。

 

25日は、銀座の星付きレストラン「エスキス」のパティスリー&ブーランジェリー部門「サンク」のもの。

銀座東急プラザの4階にはいっています。

ここのはビターなブラックチョコの「オペラ」です。正統派。大人の味ですね。

 

どちらもクリスマスを飾るにぴったりの華やかなものでした。

 

来年はレストラン「ブノワ」のケーキが復活するかも。どこのにしようかなあ?

今から楽しみです。

 

アステリクス

http://www.asterisque-izumi.com/about/shop/

 

エスキス・サンク

http://www.esquissetokyo.com/ja/event_party.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メリー・クリスマス

JUGEMテーマ:フランス

 

すばらしい晴天に恵まれたクリスマス・イヴですね。みなさんはこの週末いかがお過ごしでしょうか?

わたしは、これからケーキを取りにいって、友人宅でイヴディナーです。

こうして、毎年変わらずにクリスマスを迎えられることに感謝します。

 

昨年は父が入院中で気が気ではなかったけど、どうやら今年は大丈夫そう。ディナーもゆっくり楽しめそうです。

 

今年のブッシュは例年のレストラン・ブノワではなく、代々木上原のパティスリー。それから明日、親戚にもっていくのは、レストラン・エスキスのパティスリー・サンクのものです。写真もアップしますね!

 

今宵がみなさんにとってハートウオーミングなものになりますように。

素敵な夜をお過ごし下さいね。

 

http://www.antiqueeduation.com


プティ・セナクル新学期開始

JUGEMテーマ:フランス

 

皆さんのご協力を得て今年もセナクル・カフェを無事に終了しました。

 

今日の説明会からプティ・セナクルでは新学期に突入します。

 

オリンピックのアスリートが試合を終えて次のオリンピックに向けて体づくりを開始するように、

わたしも日々、どのように皆さんにアンティークに触れ楽しんでいただけるのかを模索しています。

 

すでにフランスでは日常に根付いている蚤の市を廻るためのガイドを書き、それを使いこなす授業を続けてきました。

次は、アンティークを次の時代に受け渡すための修復現場を除き、その修復に必要なパーツ作りのアトリエを訪問するための留学旅行を企画しています。

そのなかでは、シャトーの女主人と一緒に、日本で学んだ知識を最大限に生かしてテーブルセッティングをしたり料理を作ったり

そんな実体験をする予定です。

 

茶道を習うばかりではなく、実際に亭主になってお茶会を開くように

何事も実践ありき。

マリー・アントワネットになったつもりで自分自身の城をコーディネートする方法を学びにフランスにご一緒しませんか?

 

くわしくは、http://www.antiqueeducation.com

メールや電話でのご質問、ご相談も受け付けています。

 

 

 

 


東急プラザ銀座@数寄屋橋

JUGEMテーマ:日記・一般

5・29(日)11時〜14時の大原先生のグルメレクチャーは「英国スタイルの食空間」。ヘンリー8世の格式あるダイニングルームからヴィクトリア時代のミドルクラスの女性のパーラーまで。英国の食の空間について掘り下げてお話しくださいます。
会場は日本を誇る老舗パーラー「資生堂」に決定。
そんなわけで、打ち合わせをしに銀座まで行ってきました。



ここのところ、ずっとおこもりしていたせいで、久しぶりの銀座はキラッキラときらめいて見えました。
3・31にオープンした元、数寄屋橋阪急跡にできた東急プラザ銀座は、地下2階から地上11階まで、125のショップが入っています。後に打ち合わせがあったので全部は見切れませんでしたが、 伝統X革新をテーマにするカフェラウンジ「KIRIKO LOUNGE」や3〜5階のセレクトショップ「HINKA RINKA」など、パリのボンマルシェを思わせるモードな空間となっていました。
デパートというよりちょっとしたテーマパークのような感じですね。

気になったのはシャネルをテーマにしたヴィンテージショップ。
それから、友人がPRを担当するフレンチレストラン「エスキス」のパティスリー「エスキス・サンク」や、
また、三菱電気がプロデュースする64面のマルチディスプレーに映し出される映像が美しい展示会場「METoA」など。
オープニング第一弾の展示会はニコライバーグマン、タカヤ・ホソガネといった注目のフラワーアーティストと鬼才の映像作家の
コラボ企画です。

自分を映すと、画面からその映像を避けるよいうに花が移動する、参加型の作品などもあってたのしかったです。
こんな風に、ショッピングしながら、英気を養えるのはいいね。

ちょうど雨で1階のショットバーは静かでしたが、そんな使い方もできるマルチなスペースでした。

http://ginza-tokyu-plaza.com
www.metoa.jp


-----------------------------------------------------------------------------------------

■グルメレクチャー■
■アンティーク鑑定中級コース/インテリア■




<グルメレクチャー  パーラーからダイニングルームまで 英国の食の空間>

講師:大原千晴



ヴィクトリア朝のミドルクラスの女性たちが、アフタヌーンティーを催した洗練されたパーラーから、人気TVドラマ『ダウントンアビー』に描かれたエドワーディアン朝の貴族の華麗なるダイニングの空間まで。16世紀から20世紀初頭の格調高い英国スタイルの食空間を、生活文化と食文化の双方から辿っていきます。会場は、日本が誇る老舗パーラー、銀座・『資生堂パーラー』の最上階の眺めのよいパーティールームです。レクチャーの後は、テーマにちなんだ美味しい料理をお楽しみください。

【どなたでも単発で受講可】
この講座はアンティーク鑑定中級インテリアコース(全6回)の講座です。
アンティーク鑑定中級コースはこちら

■日時 5/29(日) 11時〜14時
■会場 「資生堂パーラー 銀座本店」
     東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル4F・5F http://parlour.shiseido.co.jp/
■受講料 13,500円 (フルコースランチ付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


大原千晴(おおはら ちはる)
「英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。http://www.ohara999.com/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

----------------------------------------
アンティーク鑑定中級(2016年度)
< インテリアコース 全6回 >



1.ヴィクトリア時代のミドルクラスのインテリア 講師:木本玲子 4/9(土)
*時間:14時〜16時
*会場:経堂教室
 

2.フレンチ・アンティーク 額縁のスタイルと効果的な飾り方  講師:福西弘美 4/13(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ 3F ライブラリー 
 

3.現代に生かすヴィクトリア時代のアンティーク  講師:木本玲子 4/23(土)
【どなたでも単発受講可】
*時間:14時〜16時
*会場:経堂教室
 

4.グルメレクチャー パーラーからダイニングルームまで 英国の食の空間  講師:大原千晴 5/29(日) 
【どなたでも単発受講可】 【フルコースランチ付き】
*時間:11時〜14時
*会場:「資生堂パーラー 銀座本店」
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル4F・5F http://parlour.shiseido.co.jp/
 

5.アンティークからブロカントまで フランスで探す、人気のインテリア・スタイル  講師:石澤季里 6/15(水)
*時間:19時〜21時
*会場:ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
 

6.明かりの歴史 シャンデリアからランプまで  講師:中川真貴 6/22(水) 
【どなたでも単発受講可】
*時間:19時〜20時半
*会場:「マジョレル」(下馬)
東京都世田谷区下馬2-6-14 http://www.majorelle-jp.com/
 



■日時 上記をご覧ください。
■定員 12名
■会場 各回、会場が異なります。上記をご覧ください。

■単発の受講料:5/29は13,500円、6/22は6,500円、その他各回 6,000円


アンティーク鑑定中級コースの講座です。


 

桜の時期

JUGEMテーマ:日記・一般

今年も桜が開花しましたね。
1年のうちで日本に居ることが最も喜ばしいと感じられる時期です。

この時期になると、思い出す人たちがいます。

それは、母と写真家の景山正夫さん。
二人とも
桜が大好きだった人たちです。

二人と旅した日々が懐かしい。
お陰でよい本もいっぱい作りました。

角川書店の拙書『フランスの骨董市を行く!』には、くすっと笑える二人との逸話も掲載されています。
お手元に本がある方は、ページをちょっとめくってみてください。

故人には、思い出してあげることが最高の悼みにつながるのだとか。

心のなかで二人を思い出しながら、今年も桜を満喫したいとおもいます。







 

謹賀新年

JUGEMテーマ:日記・一般
あけましておめでとうございます。
本年もプティ・セナクル、そして、石澤季里をよろしくお願いします。

昨年末から、二人家族のひとりが入院し、現在も闘病中です。
そんなわけで、ブログも大変ご無沙汰してしまっています。

門松も、玄関には鏡餅、そして正月の花を飾ってお祝い気分をもりあげていますが、
なんだかお正月らしくない年明けです。
それでも、31日はフランス式に、届いたおせちを平らげてから、
例年通り豊川稲荷に初詣にいってきました。

今年は、今年こそ安心できる一年に、そして心願成就できますように!と祈ってきました。

昨年は、わたし自身だけでなく、世界に不安が広がりました。
でも、その一方で許しという寛大な動きが広がった一年でした。

不幸は、必ずしもマイナスばかりでなく
気づきだったり、優しさだったりそんなものを見つけるとてもよいきっかけになると信じています。

今年が皆さんにとって倖せな一年になりますように。
その一方で、人生にとってとても大切なたくさんの気づきに触れる一年になりますように。
2016年を二歩踏み出した今日、365日歩み切った後に
「今年もたくさんの気づきに恵まれた年だった」と満足感が得られる一年にしたいものです。

皆さん、一緒にがんばりましょう!

平成28年1月2日
プティ・セナクル代表 石澤季里
 

la Kagu & Merci ニシンと食器 ポップアップストア開催中

JUGEMテーマ:ファッション

友人からお誘いを受け、昨日から11/16(月)まで開催されるポップアップストア「hareng(ニシン)と Vaisselle(食器)」のオープグパーティに行って来ました。


パリの自宅から7分の場所にある、人気の「メルシー」は、生活を豊かにする衣食住のセレクトショップとして有名。
わたしもどんなに忙しくてもパリ滞在中には一度は訪れ、商品をリサーチしたり、イベントを体験したりできる、
現代のパリの観光名所でもあります。

今回は、新潮社がコンセプト作りに参加している神楽坂の「ラ・カグ」で、「メルシー」のアートディレクター、ダニエル・ドーゼンストロックさんを招いてのポップアップイベントが実現しました。

東ヨーロッパ出身のダニエルさんがコレクションしている、ニシンの酢漬け様のテリーヌ型を展示しながら、「メルシー」が提案するユニークな食器が展示販売されています。
テルマエ・ロマエのローマ人のようなキャラフ。それから、ピューターの縁取りのお皿は、リッチなのに肩の力が抜けたBOBO(ブルジョワ・ボヘミアン)が好みそうなもの。とっても今時です。



また、ニシンを題材にした、ラ・カグとのコラボ製品にはお洒落なものもたくさんあって目移りしてしまいそう。

雨に日に重宝しそうなバードウオッチング用の長靴もとっても素敵で思わず購入。

パリにいかずともパリが感じられるイベント、オススメですよ!

www.lakagu.com



 

ラフィデの熊谷貴美子さんからレターが届きました。

JUGEMテーマ:アート・デザイン

アーティフィシャル・フラワーを用いて、
大人っぽくてシックなフラワーアレンジの作品を次々に生み出していく熊谷貴美子さん。
今日は、そんな貴美子さんからレターが届きました。

10月から開講する玉川高島屋内のカルチャースクール「コミュニティークラブたまがわ」でレッスンを開催するそうです。
3回連続でも、単発でも受講可能なフラワーレッスン。是非、ご興味ある方は御問い合わせください。

なお、同じく私も「映画で旅するフランス」のレッスンを行います。
こちらも合わせてよろしくおねがいします。

 
皆様、こんにちは。
(BCCでお送りしております。)
 
少しずつ、秋の気配を感じられるようになりましたね。
 
さて、10月から12月まで玉川高島屋カルチャーサロンで
フラワーレッスンを3回、開講することになりました。
1回の体験レッスン受講も可能ですので
よろしければ、是非、御参加下さいませ。
 
大変に恐縮でございますが
お知り合いの方々にもお知らせ下さいましたら幸いに存じます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
 
10月4日(日)14:00 〜15:30 秋のアレンジ
11月1日(日)   〃    クリスマスリース
12月6日(日)   〃    お正月リース
 
受講料 3,240円×3回分
花材費 6,480円×3回分
 
随時、1回の体験レッスンも可能です 
   10,044円(受講料・花材費込み)
 
お申し込み先 コミュニティクラブたまがわ
       鷙 03−3708−6125
    
メールでのお申し込みは下記の高島屋HPから
 
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Raffidée(ラフィデ)  熊谷貴美子
E-mail   kkumagai@k08.itscom.net
TEL       090-8102-4168



calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM