講座「英国・ジョージアンスタイルの城に見る、フレンチ・テイスト」(講師:木本玲子)

 


■旅カルチャーコース■




<英国・ジョージアンスタイルの城に見る、フレンチ・テイスト>

講師:木本玲子

 



18世紀の英国・ジョージアンスタイルには、ヴェルサイユ宮殿で用いられたフレンチ・ロココスタイル、ネオ・クラシシズムスタイルの装飾が大変多く見受けられます。イギリス観光の際に見学可能な城を例に取りながら、イギリスとフランス文化の融合から生まれた装飾スタイルについて詳しくお話します。

 

この講座は、旅カルチャーコースの旅行、11/19〜11/27パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験「マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」(7泊9日)のプレ・クラスです。旅カルチャーコースはこちら

■日時 1/18(水) 19時〜21時
■会場 経堂教室
■受講料 6,000円 (お茶、お菓子付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


木本玲子(きもと れいこ)
明治学院卒業後、ロンドンのインチボード・スクール・オブ・デザインにてインテリア史を学ぶ。帰国後アンティーク家具店に勤務し、主に販売を担当。2000年、成城にアンティーク雑貨店「attic(アティック)」をオープン。買い付け、販売のエキスパート。http://www.facebook.com/attic.antiques.seijo


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

 


京都・恵比寿さん

JUGEMテーマ:京都

 

新春、京都に行ってまいりました。

 

ちょうど初恵比寿にあたり、お詣りにいってきました。

 

今年は金運、ざくっざくっです(笑)

 

白味噌仕立てのお雑煮からはじまり、季節のお刺身、ぐじ、そしておめでたい栗の入ったお赤飯。

やっぱり京料理はいいねえ。

それにくわえて今回は、

関原紫光さんという関原創作京人形や能装束を織る佐々木能衣装さんのアトリエを訪問しました。

関原さんのお人形はいまにも動きだしそうで、人間工学をきちんと勉強して作られた精巧なものでしたし、

また、すべて手仕事で織られる有職織物の素晴らしさを体験できる貴重な機会をなりました。

自分の仕事に信念をもって、自分を信じて進むという職人さんの姿勢には

とてもよいオーラと刺激をうけました。ありがたいことです。

 

大好きな祇園・ろはんのサバサンンドもたべれたし。

満足な旅となりました。

 

 

 

 


初釜、風?

JUGEMテーマ:紅茶・コーヒーを楽しむ*

 

 

仲良しの女友達と表参道・スパイラルビル5階の櫻井焙煎研究所で新年会。

ここはその場で煎ってくれるお茶やブレンドティーはもちろん、日本全国から櫻井さんが見つけてきた

美味しいお茶の数々がいただけるお店です。

櫻井さんが昔働いていた八雲茶寮でお茶会を開催したことがある関係で

独立してからずっと追っかけしています。

 

お茶の世界では新年を祝う茶会を初釜といいますが、

櫻井さんのすばらしいお点前を拝見していると

ちょっと初釜を体験しているような気になってしまいます。

 

晴れ晴れした気持ちでお薄とお豆腐のお菓子をいただきました。

久しぶりのガールズトークで盛り上がり。

今年も華やかな幕開けとなりました。

 

櫻井焙煎研究所

sakurai-tea.jp/

 

 


謹賀新年

JUGEMテーマ:日記・一般

 

あけましておめでとうございます。

すっきりと晴れ渡った空。そして、ポカポカ陽気の新年の幕開けですね。

皆様にとって2017年が幸多き一年になりますように。

そして、ひとつでもふたつでも、すばらしい思い出と収穫のある年になりますように。

 

微力ではありますが、プティ・セナクルではよき学びの場を提供するとともに、

アンティークやフランス、イギリス好きの仲間と共有出来る有意義な時間を過ごすお手伝いをさせていただきます。

 

今年もプティ・セナクル、そして石澤季里をどうぞ、よろしくおねがいします。

 

プティ・セナクル代表

石澤 季里

 


年越しそば

JUGEMテーマ:料理

 

パリ在住の友人から紹介されてここのところ気に入っているのが

隠れ家蕎麦屋「ら すとらあだ」。

中野坂上の駅から5分なのに、外観がまったくの人家ということで

穴場中の穴場でもあるお蕎麦屋です。

 

そばだけでなく、日本酒をおいしく飲むための

酒のアテのようなコース料理の最後に

いままで食べたことのないような

太麺のそばや熟成させたそば粉を使ったお蕎麦が食べれる

通好みの店です。

 

今回は、人生の大先輩、キルト作家の松浦香苗さんと旦那様の坂本さんと一緒に行きました。

雑誌「ミセス」の創刊号の編集長でもあった坂本さんは

頑固だけど一本スジの通った昭和一桁生まれ。

雑誌の歴史や戦時中の日本のことなど、毎回、とってもためになるお話をしてくれます。

 

そんな坂本さんのお話を、ふんふんと聞く香苗さんの姿も「よき夫婦」の形としてとても勉強になります。

 

それにしても、お二人とも編集者魂の塊のように、新しいもの、刺激的なものが大好き。

年を経るとどうしても保守的になるけど、新しいものにどんどん挑戦するそんな姿がとても生き生きしていて

わたしも真似したいとおもっています。

 

 

 

2016年の大晦日。

来年はホップステップでいよいよ「ジャンプ」の年にしたいと思っています。

仕事に恋に、意欲的な一年になりますように。

 

そして、何より!みなさんのご多幸を心からお祈りしています。

 

 

 

 


クリスマスケーキ

 

お約束通り、今年のクリスマスケーキをアップします。

 

24日、友人宅に持って行ったのは

代々木上原の「アステリクス」のブッシュ・ド・ノエル。

もともと、このケーキは、クリスマスイヴの暖炉の残り火でケーキ生地を焼いたことから始まったということです。

暖炉のまきを模したこのケーキもすっかり日本に定着しましたね。

アステリクス。当日は長蛇の列だったけど、ちゃんと予約していたからそそっと横からはいって受け取りました。ちょっと優越感。

人気のクリスマスケーキは予約が肝心です。

 

今年はクリームチーズのブッシュにしましたが、どこからかマロンの風味もするおしゃれなケーキでした。

 

25日は、銀座の星付きレストラン「エスキス」のパティスリー&ブーランジェリー部門「サンク」のもの。

銀座東急プラザの4階にはいっています。

ここのはビターなブラックチョコの「オペラ」です。正統派。大人の味ですね。

 

どちらもクリスマスを飾るにぴったりの華やかなものでした。

 

来年はレストラン「ブノワ」のケーキが復活するかも。どこのにしようかなあ?

今から楽しみです。

 

アステリクス

http://www.asterisque-izumi.com/about/shop/

 

エスキス・サンク

http://www.esquissetokyo.com/ja/event_party.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メリー・クリスマス

JUGEMテーマ:フランス

 

すばらしい晴天に恵まれたクリスマス・イヴですね。みなさんはこの週末いかがお過ごしでしょうか?

わたしは、これからケーキを取りにいって、友人宅でイヴディナーです。

こうして、毎年変わらずにクリスマスを迎えられることに感謝します。

 

昨年は父が入院中で気が気ではなかったけど、どうやら今年は大丈夫そう。ディナーもゆっくり楽しめそうです。

 

今年のブッシュは例年のレストラン・ブノワではなく、代々木上原のパティスリー。それから明日、親戚にもっていくのは、レストラン・エスキスのパティスリー・サンクのものです。写真もアップしますね!

 

今宵がみなさんにとってハートウオーミングなものになりますように。

素敵な夜をお過ごし下さいね。

 

http://www.antiqueeduation.com


講座「ロイヤル・コペンハーゲンとデンマークの磁器 その魅力と年代測定の方法」(講師:佐藤秀和)

JUGEMテーマ:北欧インテリア

JUGEMテーマ:アンティーク

 

 

■アンティーク鑑定基礎コース■
■旅カルチャーコース■




<ロイヤル・コペンハーゲンとデンマークの磁器 その魅力と年代測定の方法>

講師:佐藤秀和

 

 


【単発で受講可】この講座は西洋アンティーク基礎コース2016(前期・後期各12回)の講座です。

 

【単発で受講可】この講座は旅カルチャーコースの旅行、6/20 〜6/25「「青い海に映える白いアンティーク」を探すデンマークへの旅」(4泊6日)のプレ・クラスです。

■日時 1/11(水) 19時〜21時
■会場 ジェオグラフィカ
■受講料 6,000円 (お茶、お菓子付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


佐藤秀和(さとう ひでかず)
1945年東京生まれ 1968年日大芸術学部卒 1969-1986年デンマーク住、骨董店経営 1987-2006年東京、横浜で骨董店経営、主に ロイヤルコペンハーゲン、ジョージジェンセン等の銀製品が専門 2006年以降、国内外骨董でのインターネット取引を中心とする http://www.antique-hammer.jp


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/
 

 

----------------------------------------

 

<旅カルチャーコース>〜旅して探すアンティーク  4泊6日
2017/6/20 〜6/25 修学旅行
「青い海に映える白いアンティーク」を探すデンマークへの旅

 

 

120以上の小さな島が連なってできるデンマークは、どこにいっても青い海と川、そして運河のきらめきに出会うことができる国です。そんなデンマークで白糸刺繍やかつて「白い金」と尊ばれたロイ ヤル・コペンハーゲンやジョージ・ジェンセンなどのアンティークを探して歩きましょう。また、デ ンマーク磁器の発祥地で個人ではなかなか足を伸ばすことのできないボーホルム島にもお連れします。 岬の突端にある絶景レストラン「カドー」で美しく美味なモダン・スカンジナビア料理に舌鼓を打つ。 そんな貴重な体験に溢れる旅になることをお約束します。

 

お時間が許せばオプションで先乗りし、パリのアンティークマーケット散策とクチュールメゾン「バレンシアガ」の展覧会、老舗帽子店「ミッシェル」で修行したスリーズさんのアトリエでオシャレに 帽子を楽しむレクチャー&ランチの会にご参加ください。石澤季里が懐かしく新しいパリの穴場にみなさんをお連れします。

 

プティ・セナクル代表 石澤季里

 

 

 

「青い海に映える白いアンティーク」を探すデンマークへの旅

 6月20日(火) 〜6月25日(日) 〔4泊6日〕   

  金額  約 40 万円程度

 

  • 現地での滞在、食事、入場料、ワークショップへの参加費、デンマーク国内のすべての交通費を含みます。
  • 日本-ヨーロッパの往復航空券は各自ご購入をお願いいたします。
  • <プレ・クラスの受講料は含まれません。
  • 上記日程は、2016年12月現在のものです。訪問先などの予定に若干の変更がでる場合があります。お申込みの際には最新の日程をご確認ください。
  • 定員に満たない場合はキャンセルとなります。詳しくはお問合せください。

 

 

オプション:ファッションの都パリの手しごとを観て体験する

 6月18日(日)〜6月20日(火) 〔2泊3日〕

 

  • 詳細はお問い合わせください。

 

 

<プレ・クラス> 計3回

受講料:各回6,000円(お茶、お菓子付き)

 

1. ロイヤル・コペンハーゲンとデンマークの磁器 その魅力と年代測定方法

講師 佐藤秀和

日時 1月11日(水) 19:00〜21:00 

会場 目黒・ジェオグラフィカ

 

2. シルバー・スミス、ジョージ・ジェンセンの源を探る〜ヴァイキングが辿った銀の道

講師 大原千晴

日時 3月4日(土) 15:00〜17:00

会場 経堂教室

 

3. フランスとデンマーク 話題のアンティークショップ&グルメスポット

講師 石澤季里

日時 5月3日(水・祝) 15:00〜17:00

会場 経堂教室

 

 

  • どなたでも受講いただけます。
  • 旅行の参加には、規定のプレ・クラス全ての受講が必要です。
  • 欠席の場合や地方にお住まいの方は、DVDでプレ・クラスを受講することが可能です。DVD代として1クラスにつき1000円頂戴いたします。)


 

■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/


銀座・レストラン「アジル」

JUGEMテーマ:料理

 

フランスの星付きレストラン「トロワグロ」出身のシェフが作る

モダンで美的なフランス料理を供する店として知られる「エスキス」。

昨今は、銀座東急プラザの4階にパティスリー「エスキス・サンク」をオープンして乗りに乗っているレストランです。

 

そんな「エスキス」がセカンド店「アジル」をオープンしたということで、そのPRに携わった友人の由香ちゃんがランチを予約してくれました。

 

「エスキス」と同じ並木通りのビルの7階にオープンした「アジル」は

富山の流木と藁葺きをインテリアに取り入れ、使い古されたような上質の皮張りのソファーが目を引く

男っぽく、シックなインテリアの店です。

光が燦々と差し込み、白木のクリーンな印象と打って変わったインテリアは、

密林をイメージしているのだとか。

 

また、料理も私たち日本人にとってどこか懐かしく、それでいてフランス料理の真髄を追求したものです。

シェフに言わせると「白子とオレンジとレモンのパスタ添え」は「たこ焼き」

また、「大根のトリュフ添え」は「ふろふき大根」、「羊のロースト」はタイやインド等、「各国のカレー」といった具合に発想の根底が自らの「舌の経験」をもとに作られているというのが印象的でした。

私たちはたまたま直にシェフに尋ねるチャンスがありましたが、それがない人が「これは何?」「なんだか食べたことある」と味の記憶を蘇らせながら食べてくれることに、話題提供をしたいとお話してくれました。

全く同じには無理だけど

白子とオレンジの組み合わせや羊とグリーンカレーの組み合わせなんかはもうちょっと簡単にして自宅でも試してみたいなあ。

 

クリスマスケーキも美味しそうで、ついつい予約してしまいました。25日はこれを持って親類のお宅を訪問しようと思っています。

 

夜はワインとおつまみだけ、また1品で、そしてコースでと、いかようにも使えるそう。

今後のグルメレクチャーにも是非、使用したい店です。

まずは、経験してほしい。そんな銀座の新店です。

 

www.argiletokyo.com

 

 

 

 

 

 

 

 


ボーヴィエの富士さんからお手紙がとどきました

JUGEMテーマ:フランス

フランスはアルザス地方の老舗リネンブランド「ボーヴィエ」。PR担当の富士さんは、パリのITOCHUつながりでもあり、仲良くさせていただいているお友達。なんと!クリスマスプレゼントにもぴったりなリネンのsoldeがあるという情報をいただきました。まだお友達、ご家族へのプレゼントを見つけていない方。吉報ですよ。

12月23日まで。くわしくは、http://beauville.jp/

 

 

 

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
Petit CENACLE
「プティ・セナクル」「石澤季里アンティーク・エデュケーション」では毎回その道の専門家を迎え、経験豊かで探究心旺盛な都会の大人たちの欲求を満たす、個性溢れるカルチャーサロンを主催しています。
www.antiqueeducation.com
プティ・セナクルの旅カルチャーコース

2016/11/19〜11/26
旅して学ぶ貴族の暮らし「パリ、ヴェルサイユ、ロワール地方で18世紀のシャトーライフを体験 マリー・アントワネットの幸せ人生を辿る旅」の詳細はこちら


プティ・セナクルの本
2012年6月8日発売

「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里
プティ・セナクルへのリンク
selected entries
categories
archives
recommend
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS)
パリ&パリから行く アンティーク・マーケット散歩 (FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2012年6月発売

掘り出し物に出合えるマーケットや蚤の市はヨーロッパ旅行の大きな醍醐味。せっかくパリまで行くのなら、近郊の個性派マーケットもめぐってみよう。定番のクリニャンクールからブルゴーニュのアットホームな大市、さらにブリュッセルやアムステルダムのマーケットも。
街歩きを楽しみたいアンティーク・ストリートも厳選して紹介。
recommend
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-)
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか (-) (JUGEMレビュー »)
植田 裕子,石澤 季里,プティセナクル
2012年6月発売

監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴
西洋アンティークのプロが語る、今ひそかにブームになっているわかりやすい入門書。ホームズやアリスがいたころのヴィクトリア朝の家具・食器・時計について全くの初心者の方でもわかりやすく、そして面白く解説した初めての本です。
recommend
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS)
パリ 魅惑のアンティーク (madame FIGARO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
石澤季里
2009年10月発売
大好きなパリの街で、自分だけの“とっておき”を見つけよう。あこがれのエルメス・ヴィンテージから、気軽に買えるキッチン用品や文房具、さらにアンティークなビストロやホテルまで、個性溢れる“古きよき物たち”に会いにいこう。全36ショップを紹介。
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
links

PearlyBLOG



la note


ヨーロッパスローライフ −インテリア自由気儘空間−
search this site.
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM